離婚について。

懸賞 2011年 08月 03日 懸賞

夫に出会って、約2年になります。結婚して1年半。
スピード婚でしたが、意外なくらい、結婚生活はうまくいっていると思います。

たまには、買い物の途中で意見が合わなくて、夫が先に帰っちゃったり、
私がイライラして、きついこと言っちゃったりもしますが、
すぐ「なんであんなことしちゃったんだろう。。。」とお互いこっそり反省して、
翌日にはすっかり元通り、というのが、これまでのパターンです。

それでも、絶対離婚しないとは言えません。
これから何が起きるかわからないし、
夫のこともすべて知っているわけではありませんから。


離婚というと、先輩女性の忘れられないエピソードがあります。

当時、先輩は40歳。既婚でしたが子どもはなく、
30歳といっても違和感のない、若々しく華やかな姉御でした。
ダンナ様も同じ会社の人と聞いていたので、
きっと夫婦2人で仲良く楽しく過ごしているのだと思っていました。

ある日、その先輩と飲みに行くことになり…
「実は夫に離婚したいと言われたの」
「ずっと女がいたのよ」
「…子どもまでいたなんて」

あまりにも衝撃的でした。。。
(その後すぐ、先輩は遠方に転勤し、私との接点はなくなりました。
 転勤後に、離婚したみたいです。)

もし、夫に愛人がいて、子どもまで作っていたら、
私も結婚生活を継続できると思えません!
もちろん、私の夫がそんなことをする人だとは思えませんが、
上記の先輩だって、そう信じていたと思うんです…

ひとつ言えるとしたら、私自身は努力し続けます。
初心を忘れず、夫を大切にし続けたいと思っています。
それでもダメと言われたら、、、そのときは潔く別れるつもりです。
[PR]

# by satanicmoon | 2011-08-03 22:05 | 結婚生活

思い出せない…

懸賞 2011年 07月 04日 懸賞

コメントをいただいて、結婚情報サービス会社に入る前、
”エキサイト結婚”で活動していた頃のことを思い出そうとしたのですが…
ほとんど思い出せません!

当時の記事では、「5人と会った」と書いてありますが、
3人しか思い出せ…あ、あともう1人思い出しました!
もうそんなレベルです。

いやなことは忘れてしまうのか、
それとも、良くも悪くもなくて印象が残っていないのか…

いつか、これほど苦労した婚活についても、
すべて忘れてしまうのかもしれません。


さて、ネット婚活で出会った、
(思い出せるうちの)1人めは、距離感が近い人でちょっと気持ち悪く感じ、
2人めは、実際に会ってみたら、全く気が合わなさそうなタイプでした。
3人めは、何回かお会いしましたが、だんだんイライラするようになってきて…
4人めは、ハンパなく変な感じの人で、お断りしたらメールで暴言を吐かれました。

たしかそんな感じだったと思うのですが、
後の結婚情報サービス会社で出会った男性と比較すると…
私は結婚情報サービス会社の相手のほうが、平均的に印象がよかったです。

ネット婚活と結婚情報サービス会社、なにが違うのか考えてみます。
[PR]

# by satanicmoon | 2011-07-04 19:40 | 2008年以前の婚活

勝ち組男の煽り方

懸賞 2011年 06月 28日 懸賞

オタクWさんは、自他共に認める”勝ち組”男でした。
有名大学卒業、マスコミ勤務、年収1,000万超。
…まあ、容姿はともかく(苦笑)

最初の日程調整から、
「(自分は大勢の女性から申込を受けているので)
 残念、タッチの差でその日は埋まってしまいました」
などとおっしゃる、上から目線。
上のリンク先の「宝くじ」発言もそうですが。。。

でも、私が夫とつき合うことになって、お別れメールをしたとき、
「僕だって(さたむ~のことを)好きなのに!」と言ってもらえたんですよね。

オタクWさんに好かれた理由を考えてみますと…
私自身の特性というより、以下の3つの行動だったと思うんです。
(1)Wさんの高スペックに卑屈にならなかった。
(2)Wさんのオタク趣味を否定しなかった。
(3)Wさん以外にもアピールされていることをにおわせた。


(1)については、リンク先の「宝くじ」のやり取りにも現れたかと。
確かにWさんは、婚活相手の中では高スペックでしたが、
親族や友人、元彼に比べると、特に高スペックでもなかったですし…。
あ、でも、私自身よりも頑張り屋なのは評価していました。もちろん。

(2)については、私自身、ややオタク傾向があり、
Wさんの趣味のうち、一部については話が盛り上がりました。
正直、Wさんは私がひいてしまうような趣味もお持ちでしたが、
婚活慣れしていた私は、嫌悪感を出すことなくスルーできたと思います。

(3)については、のほほん系Pさんとのデートや、
ハイテンションBさん(40歳頃、仕事関係者)との交流が役に立ちました。
Pさんとのデートで行ったスポーツ観戦や、Bさんが手配してくれた舞台は、
実はどちらも人気が高く、チケットが取りにくいことで有名でした。
なので、「最近、○○や○○を見に行った」と話題にしたところ、
Wさんが「婚活相手と?どんな座席?」と目を光らせてきて…
『それだけのコネがあるなんて、そいつらも高スペックに違いない』
→『この女(さたむ~)には、高スペックの男が狙う価値があるに違いない』
と、勝手に対抗心を燃やしてくれたみたいなんです。

Wさんは今までずっと競争し、勝ってきたので、
婚活でも負けるのが嫌だったんだと思うんですよね。
その競争心を私がうまく煽れたんだと思うんです。

ですので、高スペック男性を狙っている方、
相手に接するときは、余裕たっぷりで卑屈にならず、
彼に競争相手がいることをさりげなく教えてあげましょう!

…あと、少々の欠点には目をつぶりましょう(苦笑)

まあ、私はWさんよりスペック的にはずっと低い男性と結婚しちゃいましたが☆
[PR]

# by satanicmoon | 2011-06-28 21:59 | 婚活ふりかえり

婚約おめでとう!

懸賞 2011年 06月 13日 懸賞

婚活していた友人から、結婚が決まったとの一報が入りました!
おめでとう!!やったね☆

学生時代の(私にとっては数少ない、大切な)友人は、2歳年上のアラフォー。
このブログを唯一紹介したリアル友人でもあり、
私が卒業した結婚情報サービス会社に、昨年入会された方でもあります。

でも、お仕事が忙しそうで、
それほど婚活に時間を割いているようには見えなかったのですが…
(私が時間と労力つぎこみすぎだったかも?苦笑)
先日、めでたく婚約♪♪

結婚情報サービス会社に入会してから、1年も経っていません。
やっぱり運命の相手と出会うと、トントン拍子にコトが進むもんだね、
と、夫と私で微笑み合いました。

好きな人とは一緒にいるだけで幸せですが、
その人が「死ぬまでキミと一緒にいる」と誓ってくれると、
一緒にいて、もっともっと幸せを感じられますよ~♪
[PR]

# by satanicmoon | 2011-06-13 13:57 | よそさまのこと

最低のスポーツ観戦デート

懸賞 2011年 06月 10日 懸賞

今回は、のほほん系Pさんとのお別れデートを思い出して書きたいと思います。

お別れ(することになった最後の)デートをする以前にも…
最初にお茶をするお店を決めるのにも、優柔不断で二転三転し、
駅から30分ぐらい歩くところになったり、実は閉店していたり…
→結局、私がお店を探しました。
休日のメールは、必ず「家事おつかれさまです」で始まることとか。
→私は家政婦かっ?と感じてしまいました…

そんな前提があって、うすうす”次が最後になるかも”とは感じていました。
そのデートは、平日夜(仕事帰り)のスポーツ観戦でした。

まず、事前にメールで「ジーンズで来てください」と指定され、イラッ。
→私の職場はスーツが基本。パンツスーツならまだしも、ジーンズなんて!
よくよく聞いてみると、ジーンズ指定の理由は、
観戦席の形状からスカートだと大変だろうから、ということで、
気を遣ってもらった結果だったのですが、言い方がいきなりすぎて。

そして、当日。
(パンツスーツで出勤し、職場の人に「今日はどうしたの?」と聞かれました…)
職場を定時で上がって、試合会場に急いでいたところ、当時流行(?)のゲリラ雷雨が!
試合会場の最寄駅から会場までは、屋外を10分ほど歩かなければなりません。
駅に着いたものの、公園なのでタクシーなどでは行けず、激しい雨に傘は売り切れ。
ですので、Pさんに「遅れます。雨が上がるまで動けなさそうです」とメールしました。

先に会場に着いたというPさんからの返信は、以下のとおりでした。
○最近はゲリラ雷雨が多いのだから、折り畳み傘を持つのは常識
→ほかの婚活相手(同業界Tさん)が心配してメールをくれたのを覚えているので、
 その頃”傘が常識”というほどではなく、当日はとくに激しい雷雨だったはずです。

○試合開始時間までにさたむ~が来なければ、自分だけ先に入場する。
→チケットはPさんが2枚とも持っているので、私は入れなくなります。
○雨に濡れないように走ってくればいい。
→走って濡れないレベルの雨でないのは、Pさんにも見えていたはずです。

Pさん、悪気はなかったと思うんです。
私も、仲のよい友達と共通の趣味に行くなら、同じような対応をしたかもしれません。
でも、異性とのデートにしては、思いやりや気遣いがないと感じませんか?

逆に、私の方が傘を持っていたら、駅までPさんを迎えに行ったと思います。
雷雨の中、来た道を戻るにあたっては、こっそり悪態のひとつやふたつ吐きますし、
「迎えに来たから、後でお茶おごって」ぐらいは言っちゃうかもしれませんが。。。
(夫がPさんの立場だったら、どこかで私の分の傘をゲットして、文句どころか、
 「こんな日にスミマセン」とか言いながら、迎えに来るような気がします…)

最終的に、私は雨の中を試合会場まで走りました。
”こんなときこそ、Pさんの意外ないいところが見えるかもしれない”
そう思い、泳いだかのように下着までずぶ濡れになってたどり着いた私に、
Pさんは、開口一番、こうおっしゃいました。
「試合開始までちょっと時間があるので、急いでグッズとか見に行きますか。」
”いや、走ってきて疲れてるし!せめて髪とかだけでも拭きたいんですけど!
 っていうか、労わりの言葉とかも一切ナシかいっっっ!!”

このとき、Pさんとサヨナラすることを決めました。
”人は悪くないんだけど…”という躊躇いも消えうせました。

その後、試合が始まりましたが、純粋に楽しめました!
もう隣にいる人のことを何も気にしなくて済んだので☆
(そして、このデートの経験が、別の婚活相手(オタクWさん)の
 気持ちを盛り上げる要素になったのですが、それはまた機会があれば…)
[PR]

# by satanicmoon | 2011-06-10 18:33 | 婚活ふりかえり

ビミョーなお相手 ワースト3

懸賞 2011年 06月 06日 懸賞

婚活をしていると、ビミョーなお相手に遭遇してしまうことってありますよね。

最近、最大の衝撃を受けたのは、婚活中の友人女性のお相手。
初めて会って、セルフ方式のコーヒーショップ(スターバックスとか)に行ったそうです。
店内が混み合っていたので、友人女性が空席を探してキープする間に、
お会いした男性に、レジに並んで2人分の注文をしてもらうようお願いしたとのこと。
友人女性がふと外を見ると、男性が普通に帰っていくのが見えたそうです。。。

友人女性の何が気に入らなかったのか知りませんが、黙って帰るとは…!
婚活サイトで出会ったそうですが、後に届いたお断りメールも最低限のものだったとか。
もう、笑うしかないよね、と、友人が私に話してくれました。


かく言う私も、2009年の婚活では、
なかなか個性的なお相手に会うことができました(苦笑)
今も思い出して、ネタにできるワースト3といえば、
歯科医さん田吾作Qさんのほほん系Pさんですかね。
前2人に関しては、リンク先にその詳細を記しています。
最後の、のほほん系Pさんのエピソードについては、
長くなりそうなので、次回に書いてみようと思います。
[PR]

# by satanicmoon | 2011-06-06 15:14 | 婚活ふりかえり

婚活迷路から抜け出す方法

懸賞 2011年 05月 31日 懸賞

婚活をしていると、うまくいかないことが続いて、
迷路に入ったような気持ちになることがあります。

私はいつごろだったかな…うん、たぶんこの頃ですね。
200人以上とプロフィール交換をして、そのうち20人以上と「交際中」なのに、
実はピンと来る人が1人もいなかった、婚活をはじめて半年経った頃。

いったい私はどうすればいいのか。
出会いが足りないのか?(200人にも出会っているのに?)
自分磨きが足りないのか?(自分でも結構変わったつもりなのに?)

婚活迷路から抜け出す方法…
結論から言うと、迷路を抜け出す方法は2つだけです。
ゴールするか、リタイアするか。

リタイアするのは簡単です。
結婚をあきらめればいいんです。

では、ゴールするためには?結婚するためには?
…婚活を続けるしかないですよね。

ただ、迷路に入ったときって、
一旦、自分の活動を振り返ることが
必要な時期に来たということなのではないでしょうか。

婚活の仕方を変える、というのも、ひとつの方法だと思います。
私の場合は、それまでの方法をほぼそのまま続行しましたが…。
具体的には、登録していた”結婚情報サービス会社”のアドバイザーに相談し、
それまでの交際相手をある程度整理し、新しい相手に臨んだぐらいです。

夜は明ける前が一番暗いと言います。
婚活迷路に迷い込んで悩み苦しんでいる方、
実はすぐその先にゴールがあるのではないでしょうか?
私もこの3ヶ月後にはプロポーズされましたが、
相手とは、この迷路のときに、メール交換を始めていました。

婚活って本当に心身ともに消耗しますが、
自分のやり方を振り返って、あとはもう少しがんばってみてはいかがでしょうか?
明日、あなたの運命のお相手に出会えるかもしれません☆
[PR]

# by satanicmoon | 2011-05-31 20:04 | 婚活ふりかえり

婚活ブログ、再開します!

懸賞 2011年 05月 30日 懸賞

ご無沙汰失礼いたしました。さたむ~です。

2009年1月から真剣に婚活し、12月に婚姻届を提出しました。
その後、2010年2月に挙式し、3月に新婚旅行に行きました。
さらに、2011年(今年)3月に出産し、現在は育児中です。

婚活→結婚→出産、と、トントン拍子に進んだ(ように見える)せいか、
周囲の方々から、婚活についての相談を受けるようになりました。

そこで、私の婚活の方法や、婚活を経ての結婚生活など、
婚活中の皆様のお役に立てることもあるかもしれない、
と、また出しゃばってきた次第にございます。

あらためて、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by satanicmoon | 2011-05-30 19:40 | ブログ紹介

結婚と親について

懸賞 2010年 08月 18日 懸賞

[私の親について]
元々、私の結婚相手の学歴とか収入とか家柄とかを気にするタイプでした。
夫は、そうしたスペックが高くなかった(せいぜい私と同等)のですが、
初対面から私の親兄弟の心をわしづかみにしたようです。
「不快感がない」「かわいい」「不器用だけど誠実」「(態度が)恰好いい」…
というわけで、結婚に全く反対されなかったのは、以前にも書いたとおりです。

[夫の親について]
息子の結婚相手には専業主婦を、と地元でのお見合いをすすめていたそうです。
でも、ある日突然、息子が「僕、結婚します!」と連絡してきて、その相手は、
5歳も年上の、仕事を辞める気もなければ、夫の実家近くに住む気もない私。
「妊娠でもさせたのか」「(当時流行の)婚活詐欺なのではないか」と…
夫の親には、かなり気をもませてしまったようです。

なので、残念ながら…
私は嫁として、夫の親に気に入られている自信はありません。
意地悪されているわけでもありませんけどね!

というか、実は、義理親とは接点自体がほとんどないのです。
顔を合わせたのも、両家の顔合わせと結婚式の前日当日のみ…

お正月やお盆も、夫自身が「僕は帰省したくない」と言い、
私も自分の実家に帰りたくないので、2人でゆっくり過ごしました。
また、どちらの家からも「来い」と言われませんでした…
今後もお葬式等がない限り、行くことはないと思われます…
(夫よりは私の実家が近いですが、それでも日帰りは厳しい距離です。)

さらに、「自分の親には自分だけで対応する」という暗黙のルールまであります…
夫婦として、親からなにか送ってもらったりした場合でも、
夫の親なら夫のみが、私の親なら私のみがお礼を言い、
「妻(夫)も喜んでいた。よろしく伝えてだって」ということをしています。

今どきのクールな親子関係というより、
たぶん「ちょっと変わってる」レベルですよね…

職場で、「お姑さんたちとはうまくやっているの?」とか、
「だんなさんの実家に帰らないの?」なんて聞かれると、
なんだか、嫁としての義務を果たしていない気がして、
後ろめたいような気持ちになってしまうのですが…

「夫が『いい』って言うんだからいいか~!
 長男の嫁として、いつか来る介護の心づもりだけしておけば☆」
と開き直っています。。。

こんなラクな親不孝な夫婦の形態もありますので、
「義理の親って面倒くさそうだな~」
と結婚をためらいがちな方の参考になればと思います(笑)
[PR]

# by satanicmoon | 2010-08-18 20:43 | 婚活ふりかえり

if もしも…

懸賞 2010年 08月 13日 懸賞

ふと何かのきっかけで思いついて、
元カレ&親しかった男友達(の中でも出世しそうだった人)を
グーグルで検索しちゃいました。

かなり平凡な名前の1人を除き、ほか3人が一発でヒット。
(平凡な名前の彼も、会社名を加えればヒットしました。)
(そこそこ有名な)大学の准教授、
映像ディレクター(あの映像を作った…と言えるほど有名。)、
弁理士、留学してMBA取得した金融マン…

4人とも既婚者で、うち2人は子供もいます。
4人のうち、年収を知っているのは2人ですが、
男性1人の稼ぎだけで、うちの世帯年収の倍ぐらいかな…

彼らに嫁げば、金も名誉も手に入るセレブ妻だったのかな、とも思いますが。
(彼らからすれば「嫁にはしねえよ!」と言われるかも。苦笑。
 4人のうち2人からは、かつてプロポーズもされましたが、ね。)

4人のうち1人と結婚したら、確実に仕事を辞めなければなりませんでした。
(この人はプロポーズしてくれた人でしたが、
 私が仕事を続けるなんてコト、ありえないと思っていたみたい…)
残り3人のうち1人と結婚したら、有無を言わさず(個性的な)義理親と同居でした。
残り2人のうち1人と結婚したら、仕事で何日も帰ってこない夫を待つ生活でした。
最後の1人と結婚したら…、うん、でもこの人は問題なかったですね。

最後の1人のヒトとは、結婚しても、今の生活と同じように、
私がフルタイムで働いて、彼ほど稼げなくても、家事も分担してくれたでしょう。
1人暮らしの彼の家に遊びにいくと、料理を作ってくれるようなヒトでした。

私のほうから告白したし、彼のことをすごくすごく好きでした。
でも別れて、何年か経って、また友人から関係を築いて、
プロポーズもしてもらいました。

「でも、わたし、彼とは暮らせない…」

今でもその人の欠点なんて思い当たりません。
身長が低くて、ややオタクっぽいなんて、夫と変わりません(笑)。
学歴はもちろん、収入も夫より間違いなく高いと思われます。

それでも…彼とは暮らせないと思ったけど、
夫には対しては「この人だ!」と思ったのです。

そして、母の言葉。
(かつてプロポーズを受けて迷ったときは、親にも相談していたので)
「今まで…さたむ~には、イロイロ条件のいい子もいたじゃない?
 でも、結局あの子(→夫のコト)を連れてきた。
 本当の意味で男を見る目があったんだね、ってパパと話したの。
 な~んて、私たちって親バカかしらね~!」

[PR]

# by satanicmoon | 2010-08-13 20:44 | 色恋沙汰