婚活ハンター、さたむ~?!

懸賞 2009年 04月 12日 懸賞

今月に入ってからというもの、私さたむ~、
婚活ハンターとして、狩場に出づっぱりです。

夜は、係の「若手飲み会」と称した3対3の合コン
その昼は、先輩が仲介する「ご紹介」ランチ
(といっても、仕事関係者なので、お互いに腰が引けて…
 私用で連絡をとり合うには、もう一歩二歩というところですが。)

Bさん(40歳位、仕事関係者)からは、
正式?に食事のお誘いのお手紙をいただきましたが。
っていうか…これってラブレター?と思いつつも、
普通にメールでOKの返事をしたら、「仕事モードだね…」と。。。
その後、チケットのお礼と快気祝いということで、
お花を送ったら、大変喜んでくれたようではありますが。
しかし、手紙の返事に窮して、相手に花束贈るなんて…

「鼻毛」Cさん(30代半ば、”会社”パーティ出会い)とも会いました。
※”会社”=入会している結婚情報サービス会社のこと。
私の家の近くまで来ていただいたということもあり、
私が調べたお店で、ランチをご一緒したのですが…
学生時代の友人的なノリで楽しかったですよ♪
ただし…受身なタイプなのか、私に気がないのか。
お礼のメールも来やしません。お会計は多少多く出してくれたものの、
別れ際の挨拶も「おいしいところに連れて行ってくれてありがとう」的な…

私が男か!(上のエピソード2つに対する自分ツッコミ)

その他、時間がないのに無理やり参加した、
外部のお見合いパーティでは、通算2度目となるまさかのボーズ!
※ボーズ=誰にも興味を持ってもらえず、次につながらない状態(さたむ~用語)。
(一度、”会社”のパーティでもこの状況を経験しています…)
前回3人に申し込まれたときと、何が違うのか…まだ読みきれません。

さらに、”会社”入会3ヶ月めということで、
プロフィールがお披露目されたため、パソコンを通じて
1日5件くらい「交際申込」が来ています。
とりあえず条件に満たない人だけ「お断り」している状態ですが…

正直、めまぐるしく変わる状況に、
自分自身がちゃんとついていけていません。
こんな余裕のなさでは、いい出会いがあっても逃してしまいそう…

きちんと、ひとつひとつの出会いを大切にしなければ。
まず、誠意をもって、Aさんにお断りをしなければ。

そう考えているところです。

見境なく狩場に出て行くだけじゃダメなのです。
いい獲物だけを持ち帰る必要があるのです。婚活は。
そうですよね?
[PR]

by satanicmoon | 2009-04-12 21:21 | 2009年婚活日記

<< さたむ~、鬼になるの巻   仕事が恋人~♪ >>