別れの作法(ケース1)

懸賞 2009年 10月 04日 懸賞

”彼”とおつき合いするにあたって、”ストック”男性と別れました。
(”彼”の方は、昨日も婚活相手に会った気配がありますが…)
タイトルには「作法」とありますが、実は失敗ばかりで苦労しました。

最初に別れを告げたのが、末っ子Rさん(30歳頃、”会社”ネット検索出会い)
9月当初には最有力候補だった方です。
この人はドタキャン事件もあって心配していたのですが…、
結果としては、心配したとおりの展開となりました。

次の約束もご自分からは提案していただけず、
ドタキャンされた約束では私の趣味に合わせた内容だったデートも、
いつのまにか、ご自分の好みに変更されてしまいました。
それでも、今回はRさんに任せてみてもいいかな?と思っていたのですが…
Rさんとのデート前日に”彼”に告白され。。。

”彼”の了承(実は事後承諾)をとって、Rさんとの最後のデートに臨みました。

そして、デートのメインイベントが終わったところで、
「実は、別の男性に告白された」と打ち明けました。

すると…その後、数時間拘束(?)されることに。
「そろそろ帰りたい」と言っても、「もう少しつきあってください」と言われて…
でも、Rさん、最後まで私に告白するわけでもなく。
その上、メインイベントの後は何も予定を立てていなかったらしく、
拘束中のほとんどは、お茶やご飯の場所を探して街をうろうろ。
最後は「”彼”と別れたら戻ってきてほしい。自分は待っている」という、
なんとも情けない別れのお言葉。。。
すっかり愛想が尽きてしまいました。

”彼”とつきあうことができて、本当によかった♪
って、改めて実感する結果に。

この件は”彼”にも簡単に伝えてありますが…
「同じ状況だったら、僕もそうなるな~」
「二度と会えないと思ったら、帰らせたくないし」
自分のことのように本気で凹んでいたわけで。

そして、相手も突然でダメージが大きいし、私の身も危ないと判断して、
これ以降、婚活相手に面と向かっての交際宣言はやめることにしたのでした。
[PR]

by satanicmoon | 2009-10-04 22:16 | 2009年婚活日記

<< デート@ディズニーシー   9月の反省と10月の目標(迷) >>