別れの作法(ケース2)

懸賞 2009年 10月 06日 懸賞

”彼”とつきあうことになって…
2番目に別れを告げたのが、おとなしいIさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)。
末っ子Rさんと同じく、日程が迫っていてキャンセルしにくかったので、
この方にもそのままお会いすることにしました。

おとなしいIさんにお会いするのは、3回目でした。(ちなみに、末っ子Rさんは2回め。)
休日ランチ、平日ディナー、ときて、初めての一日デートです。
混雑するイベントのため、午後の回のチケットを午前に取りに行ったのですが…、
その後、イベントまで何もすることがありませんでした。

あれ?Iさん、何するか考えておくって言ってたよね?…まあ、いいけど。
でも、無口なIさんと約5時間、お茶やランチをしていても、間が持ちません。。。
(しかも、相槌がなかったり、「YES」の場合は無言だったり、さっさと先を歩いたり…)
イベント終了後にはもう我慢できなくて、「体調がよくないので帰りたい」と伝えたら、
急に「○○にも行く?」「夕飯は××と思っていたのに…」と提案しはじめて、
前回のRさんを思い出すような引きとめ作戦。
今回は、”彼”との交際宣言もナシなのに、気配で感じるものなんでしょうか…
もしくは、3回めということで、この方も告白してくれるつもりだったのでしょうか。
(誘っていただいた○○、まさに”彼”が告白を予定していた場所と同じでしたし。)

この日は「本当に体調が悪いので、もう帰ります」と繰り返して、なんとか逃げ切れました。
最後のデートがこうなってしまったのは、Iさんの態度にも原因はありますが、
それ以上に、私自身、もう”彼”以外の男性と会うこと自体が嫌なんだろうな、と思えました。
そして、Iさんには、一週間後くらいにメールでお断りしようと考えていました。

が、Iさんからはすぐに「次はドライブに行こう」と連絡があり…
Iさんは積極的なタイプでもなかったし、今まで車の話も聞いた覚えがないので…、
次は私を逃げられないようにするつもりかなあ、とちょっと怖くなりました。
結局、すぐにメールで交際宣言をして、システムでも「お断り」をしてしまいました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-10-06 20:59 | 2009年婚活日記

<< ”彼”の短所   デート@ディズニーシー >>