2009年 03月 30日 ( 1 )

懸賞 懸賞

”会社”とアドバイザーさんと私

懸賞 2009年 03月 30日 懸賞

私の2009年の婚活は、
過去の自分の婚活とは、決定的に違うことがあります。

それは…
結婚情報サービス会社に登録し、
専任のアドバイザーさんがいる
ってこと。

婚活には自分の気持ちが一番重要とはわかっていますが、
迷うときには、家族や友人からの助言も参考になります。

今年は、実際に活動中や卒業した婚活ブロガー仲間の
活動報告や助言も、すっごく参考にさせてもらっています。

その上に、成功例や失敗例を何十件、何百件と見てきた、
結婚情報サービス”会社”のアドバイザーさんが、
「プロ」として相談に乗ってくれるのは、とても心強いです。

この”会社”は、成婚報酬制ではありませんが、
成婚実績とアドバイザーさんの評価が何の関わりもない、とは思えません。
なので、相談すれば、アドバイザーさんはきちんと応えてくれます。
私自身、このアドバイザーさんと一緒なら活動しやすいと思って、
この”会社”に決めたようなものですし。

”会社”に登録することで、身の安全がある程度守られ、
アドバイザーさんが活動を真剣にサポートしてくれる、
そんな状況をもっともっと有効に活用していこうと思います。


とりあえず、先日は…
希望条件の人と実際に会えていないことについて、
婚活方法の見直しを含め、アドバイザーさんと相談してきました!

・まだ始めたばかりなので諦めないこと(私は2月入会)
・出会いを増やそうとする、私のやり方は間違っていないこと
・”会社”のサポートとしては、入会3ヶ月めの来月がピーク

上記のことを確認した上で、この業界で「ハンド」と呼ばれる、
担当者による引き合わせも試してみることにしました。
この「ハンド」、本来は別料金なのですが、今回の場合、私は無料です。
というのも、「収入・学歴同等以上、未婚」以外の条件を設定しないから。
たとえば、職業を医者と指定して探してもらう場合は、料金が発生するそうですが、
今回は男性がお金を払って提示した条件が私に合致した場合、
優先的に私にお見合いを回してもらう、そういう約束だからなんです。

こうして、日程調整に入ったのは、30代前半の開業歯科医。
「ずいぶんいい条件の方ですね~」と言ったら、
きっぱり、「条件はね」とアドバイザーさん。
…いったいどういう方なのか、楽しみです~(苦笑)
[PR]

by satanicmoon | 2009-03-30 15:32 | 2009年婚活日記