2009年 06月 14日 ( 2 )

懸賞 懸賞

ハイスペックな婚活男子たち

懸賞 2009年 06月 14日 懸賞

NEW!Kさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
NEW!Lさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
NEW!Mさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)

有名大学卒で人気企業(メーカー、金融、商社)にお勤め、
年収も高め(で同世代)、という方にお会いすることが3回続きました。

お会いする場所は先方にお任せしたのですが、
それなりに雰囲気のある街の…
Kさんは、その場で見つけたチェーン店のレストラン。
Lさんは、ネットで探しておいてくれたカフェ。
Mさんは、事前にフレンチを予約しておいてくれました。

事前にメール交換をした印象では、
Kさんは、「あなた何様?」と思うほどの上から目線、
Lさんは、無難すぎて全く印象がなく、
Mさんは、「職場でKYと言われます」という…。
お会いするにあたり、かなり気が重かった3人組でした。

お会いしてみて…
Kさんには、「食べるのが遅い」と言われました。
かと言って、食後のプランがあったようでもなく。
目的もなく30分ほど街を連れ回されました。
歯医者さん以来の衝撃で、90分を永く感じました。

Lさんは、おとなしくて、かなり受身の方のようでした。
2時間近くお話したのですが、やっぱり印象が薄く、
仕事が辛い、腰が痛い…など、ややネガティブな話が多かったかな。

Mさんは、自分で言うほどKYではありませんでした(笑)
確かに…、話題選択がちょっと独特だったり、
反対意見も躊躇せず口にしたりとユニークな方でしたが、
要所要所では礼儀正しく気遣いのできる方という印象でした。

3人の中では、Mさんが一番仲良くなれそうです(Kさんはもう無理です…)。
といっても、先方の意思もあることですから、今後どうなることやら…
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-14 17:07 | 2009年婚活日記

生死を共にする相手

懸賞 2009年 06月 14日 懸賞

異性との精神的なパートナーシップの形は、
私は以下の4パターンに分けられると考えています。

1 「この人となら2人で死ねる」
2 「この人となら2人で生きられる」
3 「この人のためなら死んでもいい」
4 「この人のおかげで生きやすい」
(相手への気持ちを大げさに突き詰めた場合、ってことです☆)

最近、まだ見ぬ婚活相手とメールしていて、ふと思いつき、
今までに会った婚活相手に当てはめてみようと考えました。

その結果は…(可能性が高いところに無理にでも分類しました。)
1 「この人となら2人で死ねる」タイプ…19歳頃の彼氏
     Gさん?
2 「この人となら2人で生きられる」タイプ…22歳頃の彼氏
    Cさん?、(Gさん?)、Hさん?、Jさん?
3 「この人のためなら死んでもいい」タイプ…16歳頃の彼氏
    もうお断りされましたがFさん?
4 「この人のおかげで生きやすい」タイプ…何人かの男友達
    Bさん?、Iさん?、(Jさん?)

お断りしたAさん、論外の歯医者さん、結局会えていないDさん、
もう限界に近いEさんは除くとして、上記のような結果になりました。

気が合っても将来が見えない「1」のタイプ、
気が合って将来が見える「2」のタイプ、
自分が尽くす「3」のタイプ、相手に尽くされる「4」のタイプ…。
やっぱり結婚するなら…、無理なく一緒にいられて、将来が見える、
2「この人となら2人で生きられる」タイプ
がいいですよね!

このタイプの代表、22歳頃の彼氏と出会ったのは16歳のときでした。
6年ぐらい友人だった間に、だんだんと彼のよさを知っていきました。
でも、お互いの仕事の基盤が違いすぎて、一緒になることはできませんでした。
仕事を変えるとしたら、私の方しか考えられなかったのですが、
彼に合わせて転職したら、それと同時に私の個性が失われる危険性と、
また、そのことによって、愛情が揺らぐ危険性を2人とも感じていたように思います。

さて、現在の婚活話に戻って…
つい最近まで、私はFさんやGさんに惹かれていました。
でも、(音信普通のCさんはともかく)HさんやJさんに(も)注目して、
大切にしていかなければいけないのでは…と思い始めたところです。
なにせ、本当に「一緒に生きていける」とお互いが腹をくくるまでには、
いくら急いでもそれなりの時間がかかると、過去の経験から思うからです。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-14 09:04 | 2009年婚活日記