2011年 06月 10日 ( 1 )

懸賞 懸賞

最低のスポーツ観戦デート

懸賞 2011年 06月 10日 懸賞

今回は、のほほん系Pさんとのお別れデートを思い出して書きたいと思います。

お別れ(することになった最後の)デートをする以前にも…
最初にお茶をするお店を決めるのにも、優柔不断で二転三転し、
駅から30分ぐらい歩くところになったり、実は閉店していたり…
→結局、私がお店を探しました。
休日のメールは、必ず「家事おつかれさまです」で始まることとか。
→私は家政婦かっ?と感じてしまいました…

そんな前提があって、うすうす”次が最後になるかも”とは感じていました。
そのデートは、平日夜(仕事帰り)のスポーツ観戦でした。

まず、事前にメールで「ジーンズで来てください」と指定され、イラッ。
→私の職場はスーツが基本。パンツスーツならまだしも、ジーンズなんて!
よくよく聞いてみると、ジーンズ指定の理由は、
観戦席の形状からスカートだと大変だろうから、ということで、
気を遣ってもらった結果だったのですが、言い方がいきなりすぎて。

そして、当日。
(パンツスーツで出勤し、職場の人に「今日はどうしたの?」と聞かれました…)
職場を定時で上がって、試合会場に急いでいたところ、当時流行(?)のゲリラ雷雨が!
試合会場の最寄駅から会場までは、屋外を10分ほど歩かなければなりません。
駅に着いたものの、公園なのでタクシーなどでは行けず、激しい雨に傘は売り切れ。
ですので、Pさんに「遅れます。雨が上がるまで動けなさそうです」とメールしました。

先に会場に着いたというPさんからの返信は、以下のとおりでした。
○最近はゲリラ雷雨が多いのだから、折り畳み傘を持つのは常識
→ほかの婚活相手(同業界Tさん)が心配してメールをくれたのを覚えているので、
 その頃”傘が常識”というほどではなく、当日はとくに激しい雷雨だったはずです。

○試合開始時間までにさたむ~が来なければ、自分だけ先に入場する。
→チケットはPさんが2枚とも持っているので、私は入れなくなります。
○雨に濡れないように走ってくればいい。
→走って濡れないレベルの雨でないのは、Pさんにも見えていたはずです。

Pさん、悪気はなかったと思うんです。
私も、仲のよい友達と共通の趣味に行くなら、同じような対応をしたかもしれません。
でも、異性とのデートにしては、思いやりや気遣いがないと感じませんか?

逆に、私の方が傘を持っていたら、駅までPさんを迎えに行ったと思います。
雷雨の中、来た道を戻るにあたっては、こっそり悪態のひとつやふたつ吐きますし、
「迎えに来たから、後でお茶おごって」ぐらいは言っちゃうかもしれませんが。。。
(夫がPさんの立場だったら、どこかで私の分の傘をゲットして、文句どころか、
 「こんな日にスミマセン」とか言いながら、迎えに来るような気がします…)

最終的に、私は雨の中を試合会場まで走りました。
”こんなときこそ、Pさんの意外ないいところが見えるかもしれない”
そう思い、泳いだかのように下着までずぶ濡れになってたどり着いた私に、
Pさんは、開口一番、こうおっしゃいました。
「試合開始までちょっと時間があるので、急いでグッズとか見に行きますか。」
”いや、走ってきて疲れてるし!せめて髪とかだけでも拭きたいんですけど!
 っていうか、労わりの言葉とかも一切ナシかいっっっ!!”

このとき、Pさんとサヨナラすることを決めました。
”人は悪くないんだけど…”という躊躇いも消えうせました。

その後、試合が始まりましたが、純粋に楽しめました!
もう隣にいる人のことを何も気にしなくて済んだので☆
(そして、このデートの経験が、別の婚活相手(オタクWさん)の
 気持ちを盛り上げる要素になったのですが、それはまた機会があれば…)
[PR]

by satanicmoon | 2011-06-10 18:33 | 婚活ふりかえり