<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

3.5回めと2回め

懸賞 2009年 06月 28日 懸賞

というわけで、HさんGさん(いずれも30代後半)、
それぞれと平日ディナーに行ってきました。

Hさんは、独特の言葉遣いが多少気にならなくもないのですが、
基本的にリラックスして仕事や趣味の話ができました。
Hさんとはパーティで出会ったので、それも1回と数えると、
2回目お茶、3回目おでかけ、今回のディナーとお会いしています。

Gさんとは、お互いにちょっと緊張しながら、
仕事と今後の人生について意見交換をするという雰囲気(笑)。
こちらは、前回ランチで、今回はディナーと、会うのは2回目です。
それでも、Gさんとの食事が”面接”にはならないのは、
話の切れ目に、よく微笑みかけてくれるせいかなとも。
まあ、彼は意識的にそうしているようにも見えるのですが…

結局…、どちらが好きか、と自問すると、
現段階では、やっぱりGさんなわけです。
(まあ約束の段階からそうだったわけですが…)

さらに、Gさんの場合、お互いに、
相手がいつまでに結婚したいと考えているのか、
共働き前提でどの家事を分担できそうなのか…、
会うのは2回目ながら、そういうことが理解できているという、
Gさんのこの段取りの良さも、私はかなり好きです。
ま、その分、恋愛的ムードは低くなっていますが…

そういう意味では、Hさんは友情的ムードばかりが大きく、
恋愛や結婚のベクトルからは、むしろ遠ざかっている気も・・・

とはいえ、いずれにしても、少しずつ
階段を上っている気はする
のですが、いかがなものでしょう?
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-28 15:30 | 2009年婚活日記

ちいさな嘘から…?

懸賞 2009年 06月 27日 懸賞

現在一番のお気に入りGさん(30代後半、”会社”ネット検索出会い)から、
「この日の夜に会いたい」と打診がありました。

でも、その日時は…、
ストレスフリーHさん(30代後半、”会社”パーティ出会い)とお約束していた日。

あなたなら、どうしますか?

私は…

先約のHさんにお願いして、会う日を早めてもらいました。(仕事とをついて…。)
つまり、後から来たGさんを優先したのです。(をついてまで!)

結果としては、HさんGさんお2人に会うことができました。

でも、本来、私は必ず先約を優先するタイプでした。
今回、自分の中のルールを破ったわけで…
いつも無理を聞いてくれるHさんへの感情も含め、
これから自分がどう変わっていくのか、少し怖くもあります。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-27 22:12 | 2009年婚活日記

婚活迷路から抜け出す論理的思考

懸賞 2009年 06月 24日 懸賞

婚活を初めてから、半年が過ぎようとしています。
(結婚情報サービス会社に入会したのは2月ですが…)
この間、パーティに8回参加して100人以上の男性とお話しし
個人的にも10人以上のお相手と、お茶や食事を共にしました。

でも…これまでお会いした方のなかで、
「素敵かも」と感じたのは、FさんGさんのお2人くらい。
ストレスフリーなHさん、癒し系Jさんのほか、
ユニークなMさんも「アリかも」とは思いつつも、
「せいぜい、アリかも、というレベルにすぎないよね」
「結構な人数に会っている割に、素敵な人っていないなあ」

と、最近は漠然と思っていたのですが。

でも、逆に考えると…、個人的に会ったうち、
2割「素敵かも」と思える相手ということで。
さらに、5割近くは「アリかも」と思えるワケです。
(その上、会ってみてこちらは「アリ」と思ったのに、
 断られたのはFさんだけ。今のところ1割以下です。)

野球に例えてみれば…、
イチローの打率だって、3割5分ぐらい。
世界の王選手ですら、
ホームランの打率(通算本塁打/通算打数)は、
9分3厘、1割もいきません。

婚活の打率としては、悪くないのではないでしょうか。
長打が出ても、そのまま得点につながるとは限りませんし。
凡打が続いても、ちゃくちゃくと塁を進めることはできるはず。

それに、最終的にはゲームに勝てばいいのです。

たぶん、私、打率もさほど低い方ではないし、
それなりに出塁もしている自信があります。
「私ね、さたむ~さんは、大丈夫だと思う」
アドバイザーさんのそんな言葉も、私の自信の裏づけです。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-24 20:29 | 2009年婚活日記

次の局面へ向けて

懸賞 2009年 06月 21日 懸賞

結婚情報サービス会社に入会して5ヶ月ということで、
久々に、アドバイザーさんに相談に行きました。

現在の状況としては…、
一度は会って、それなりに連絡を取り続けている方が8人。
これからお会いする段階の方が、やはり同人数います。

そんな感じで、そこそこストックもできたということで…

7月いっぱいで一旦”会社”での活動を「休止」し、
それまでにご紹介いただいた方々の中から、
どなたかを選ぶ方向で婚活を進めていくことになりました。

というわけで、新しい方に会えるのも、あと1ヶ月強。
今まで以上に、素敵な方に出会えることを祈っています♪
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-21 12:51 | 2009年婚活日記

反省と考察

懸賞 2009年 06月 20日 懸賞

Fさんに「お断り」されてしまったことについて…
次に素敵な人に出会えたときには「お断り」されないよう…、
反省し、今後の活動のあり方を考えてみることにしました。

Fさんに「お断り」された理由として、自分で思いつくのは以下のとおりです。
(先方から申し込まれたため、私のスペックや容姿はさほど問題でない前提で…)
1 一緒に飲んでも、盛り上がりに欠けた。    → 笑顔や傾聴の姿勢ができていない。
2 メールのやり取りが続かない。         → 相手の興味をひくメールを打てない。
3 話題は圧倒的にFさんの仕事のこと。     → 共通の話題が少ない。

1 会話中は、できるだけ笑顔をキープし、アイコンタクトに耐える。
2 返信したくなるようなメールを書けるよう、スキルを上げる。
3 自分のことも話し、相手に知ってもらう。


あと、返信が遅いと不安になって…
何度もメールしてしまいがちですが、
こちらが追いかけてしまっては、結局ダメになるみたいです。
とはいえ、一週間も音沙汰がないとさすがに気になります…Gさんとか。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-20 00:06 | 2009年婚活日記

ハイスペックな婚活男子たち

懸賞 2009年 06月 14日 懸賞

NEW!Kさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
NEW!Lさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
NEW!Mさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)

有名大学卒で人気企業(メーカー、金融、商社)にお勤め、
年収も高め(で同世代)、という方にお会いすることが3回続きました。

お会いする場所は先方にお任せしたのですが、
それなりに雰囲気のある街の…
Kさんは、その場で見つけたチェーン店のレストラン。
Lさんは、ネットで探しておいてくれたカフェ。
Mさんは、事前にフレンチを予約しておいてくれました。

事前にメール交換をした印象では、
Kさんは、「あなた何様?」と思うほどの上から目線、
Lさんは、無難すぎて全く印象がなく、
Mさんは、「職場でKYと言われます」という…。
お会いするにあたり、かなり気が重かった3人組でした。

お会いしてみて…
Kさんには、「食べるのが遅い」と言われました。
かと言って、食後のプランがあったようでもなく。
目的もなく30分ほど街を連れ回されました。
歯医者さん以来の衝撃で、90分を永く感じました。

Lさんは、おとなしくて、かなり受身の方のようでした。
2時間近くお話したのですが、やっぱり印象が薄く、
仕事が辛い、腰が痛い…など、ややネガティブな話が多かったかな。

Mさんは、自分で言うほどKYではありませんでした(笑)
確かに…、話題選択がちょっと独特だったり、
反対意見も躊躇せず口にしたりとユニークな方でしたが、
要所要所では礼儀正しく気遣いのできる方という印象でした。

3人の中では、Mさんが一番仲良くなれそうです(Kさんはもう無理です…)。
といっても、先方の意思もあることですから、今後どうなることやら…
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-14 17:07 | 2009年婚活日記

生死を共にする相手

懸賞 2009年 06月 14日 懸賞

異性との精神的なパートナーシップの形は、
私は以下の4パターンに分けられると考えています。

1 「この人となら2人で死ねる」
2 「この人となら2人で生きられる」
3 「この人のためなら死んでもいい」
4 「この人のおかげで生きやすい」
(相手への気持ちを大げさに突き詰めた場合、ってことです☆)

最近、まだ見ぬ婚活相手とメールしていて、ふと思いつき、
今までに会った婚活相手に当てはめてみようと考えました。

その結果は…(可能性が高いところに無理にでも分類しました。)
1 「この人となら2人で死ねる」タイプ…19歳頃の彼氏
     Gさん?
2 「この人となら2人で生きられる」タイプ…22歳頃の彼氏
    Cさん?、(Gさん?)、Hさん?、Jさん?
3 「この人のためなら死んでもいい」タイプ…16歳頃の彼氏
    もうお断りされましたがFさん?
4 「この人のおかげで生きやすい」タイプ…何人かの男友達
    Bさん?、Iさん?、(Jさん?)

お断りしたAさん、論外の歯医者さん、結局会えていないDさん、
もう限界に近いEさんは除くとして、上記のような結果になりました。

気が合っても将来が見えない「1」のタイプ、
気が合って将来が見える「2」のタイプ、
自分が尽くす「3」のタイプ、相手に尽くされる「4」のタイプ…。
やっぱり結婚するなら…、無理なく一緒にいられて、将来が見える、
2「この人となら2人で生きられる」タイプ
がいいですよね!

このタイプの代表、22歳頃の彼氏と出会ったのは16歳のときでした。
6年ぐらい友人だった間に、だんだんと彼のよさを知っていきました。
でも、お互いの仕事の基盤が違いすぎて、一緒になることはできませんでした。
仕事を変えるとしたら、私の方しか考えられなかったのですが、
彼に合わせて転職したら、それと同時に私の個性が失われる危険性と、
また、そのことによって、愛情が揺らぐ危険性を2人とも感じていたように思います。

さて、現在の婚活話に戻って…
つい最近まで、私はFさんやGさんに惹かれていました。
でも、(音信普通のCさんはともかく)HさんやJさんに(も)注目して、
大切にしていかなければいけないのでは…と思い始めたところです。
なにせ、本当に「一緒に生きていける」とお互いが腹をくくるまでには、
いくら急いでもそれなりの時間がかかると、過去の経験から思うからです。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-14 09:04 | 2009年婚活日記

体調を崩して思ったこと。

懸賞 2009年 06月 13日 懸賞

連続投稿ですが…、
ちょっと思うことがあったので、書いておきたくて。

今週は体調を崩しました。
ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ…もうダメー!
という感じで、最終的にダウンしました。

というわけで、婚活相手からのメールにも、
「明日返事しよう…」「明日…」
と思いつつ、何日も返事をすることができず。。。

今日ようやく「実は体調崩してて…」とメールしたら、
次々に優しいお見舞いメールをいただいて、和みました。

Hさん(30代後半、”会社”パーティ出会い)に至っては、
翌日のドタキャンまで快く許してくれました。

こんなに自分のことを
(多少なりとも)心配してくださる方がいるって、
ありがたいことだなあと思っています。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-13 22:26 | 2009年婚活日記

お見合いパーティで、まさかの…

懸賞 2009年 06月 13日 懸賞

5月下旬に、”会社”のパーティに参加してきました。
最近、ネットで条件検索されて申し込まれることが多かったので、
フィーリング重視の、新しい出会いを探して…!

でも、遅刻してしまいました。
そのため、参加男性のうち、約半数とは話せませんでした。反省。

しかし、なんと…その話せなかった半数の中に、
システム上”交際中”のEさん(30代後半、”会社”ネット検索)を発見。

こういうときって、気まずいですよね。

そ知らぬふりで(せいぜい会釈程度で)その場はやり過ごして、
後で、「びっくりしましたね~」などと連絡するのが、普通かなと思うのですが。

でも、Eさんは違いました。
座席も離れているのに、遠くから何度も目配せしたり、手を振ったり…。

私は目の前の相手に集中することができませんでした。

パーティ後も、「お茶をしよう」とメールがあり…、
予定もあったのでお断りしましたが、
「パーティでも会えるなんて運命だと思った」とのこと。

結果、パーティに遅刻して(Eさんと話す必要がなく)よかったと思ったし、
さらに、さすがにEさんとはもうここまでかな、とも思いはじめました。。。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-13 21:48 | 2009年婚活日記

落ち着きたい?はしゃぎたい?

懸賞 2009年 06月 10日 懸賞

5月中にお会いした婚活相手の…
まだ書いていなかったお2人です。

NEW!Jさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
メールの返信が遅いのにはイライラさせられましたが。
実際にお会いしてみたら、(顔はともかく)声がいい!
お話する内容もペースもポジティヴでありながら落ち着いていて、
初対面とは思えないほどリラックスして、会話がすすみました。
彼の収入は私と拮抗してしまうのですが、
疲れて帰っても、こういう人がうちにいたら癒されるなあ、と思える方でした。
またお会いしてもいいですね。

ハイテンションBさん(40代前半、仕事関係者) とも、
ついにプライベートで会ってきました。
といっても、仕事関係なので、最初は2人きりを避け、男女2人ずつの4人で。
が。ほとんどの時間、彼が自分の話をしていたのでは…?
他の人の話を遮るほどではありませんが、
別の話になっても、またすぐ自分の話に戻したり、
自分の知っている店に行きたがったりするのが、顕著。
結婚する相手には、年相応の落ち着きがほしいと思いました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-10 20:55 | 2009年婚活日記