告白一問一答~”彼”質問篇~

懸賞 2009年 09月 29日 懸賞

先日、”彼”に告白についてインタビューした内容を載せましたが、
実際には、私が一方的に”彼”に質問したわけではなく…、
会話のなかで私もいくつか聞かれたことがあります。

もちろん(!?)”彼”にはこのブログを秘密にしているのですが、
一方的な視点からの記事だけではフェアじゃないと思うので、
”彼”から私に対する告白OK後の質問も載せておきますね。

【”彼”からさたむ~に質問】
Q なぜ自分を選んでくれたのか?
A 告白してくれたし、一緒にいて嫌じゃないから。
  (本音) 今のところ、とくに素敵とか思っているわけじゃないけど…

Q すぐに告白の返事をくれなかったのはなぜ?
A あまりにも突然で、びっくりしたから。
  特別に好かれていると思っていなかったし、タイミング的にも。
  それにアルコールが入っていたし…
  (本音) 冷静に他の”ストック”と比較検討しないと応じるわけにはいかない。

Q シラフで告白する予定だったけど、そうしたらすぐ返事をもらえた?
A たぶんそれでも即答はしなかったと思う。
  (本音) だから、一旦帰ってデータとかチェックしたかったんだって。

Q なにか僕に言っておきたいことはある?
A 私は自分のメール返信が遅いことにも気がついてなかったし、
  ”彼”が(黙って)自分に合わせていてくれたことにも気づかなかった。
  これからも、私の鈍感さが”彼”を傷つけることがあるかもしれないけど、
  そういうときは、黙って我慢するのではなく、教えてくれるとうれしい。
  今後はできるだけ”彼”の気持ちを大切にしたいと考えている。
  (本音) これは上記そのまま(笑)。心から、大切にしたいと思っています。

[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-29 22:35 | 2009年婚活日記

結婚情報サービス会社の”交際”とは

懸賞 2009年 09月 28日 懸賞

結婚情報サービス会社では(少なくとも私が会員となっている会社では)、
同じく”交際”という言葉を使いつつ、別の状態を示すことがあります。

1 システム上、「交際中」となっている場合
  → この状態では、何人とでも同時に「交際」できます。
    新たなお相手もドンドン紹介され、ドンドン申し込むことができます。
2 システム上、「交際休止」をとっている場合
  → この状態では、交際相手を1人に決めている状態です。
    新たなお相手を紹介されることはなく、申し込むこともできません。

就職活動に例えて、
1の「交際中」は、書類審査をクリアして面接に進んだ状態、
2の「交際休止」は、お互いに内定を出し合った状態、
と表現するのがわかりやすいでしょうか。

これまでの私は、1の「交際中」だったわけですが、
”彼”に告白されたことで、2の「交際休止」に進んだわけです。

というわけで、現在、
”彼”と私は結婚情報サービス会社での活動は休止しまして、
最長3ヶ月間、会費を徴収されることもありません。

結婚情報サービス会社的には、
「3ヶ月以内で結婚するかどうか決めなさい」
ということなんでしょうね。

…今から3ヶ月というと、ちょうど年末ぐらい。
さたむ~的にも、結婚が決まっていてほしい頃です。
次はプロポーズしてもらうことを目標に、これからもがんばります☆
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-28 20:46 | 2009年婚活日記

告白一問一答~”彼”回答篇~

懸賞 2009年 09月 27日 懸賞

婚活中で、告白のタイミングを見計らっている方もいるかもしれませんね。
(告白するタイミングと、告白されるタイミングと…)

というわけで、
告白してくれたときの心境を、”彼”にインタビューしてみました☆
【さたむ~から”彼”に質問】
Q なぜ告白があんなに突然だったの?
A 告白しようと決めていた場所で勇気が出なくて、別れ際になった。

Q そもそも、普段から、メールの頻度や文章量も少なかったし…
  私はあなたにそれほど好かれているとは思ってなかったけど?
A メールは、さたむ~のペースを見計らって、それに合わせていた。
  自分だけ、長いメールをすぐに送ったら迷惑だと思ったから。
  (さたむ~ほど返信が遅い人は自分の周囲にいない。)

Q 告白しようと思った場所で、勇気が出なかったのはなぜ?
A 「荷物を持つ」と申し出たのに「いい」と断られ、拒否されたと感じたから。

Q 告白してもらったのに、すぐに返事できなかったけど…?(ごめんなさい)
A その場で返事をもらえないってことは、「ダメなんだ」って思った。
  だから、後でOKの返事がきたときは、びっくりした。
  告白してから返事をもらうまで、何をしてもテンションが上がらなかった。

Q なにか私に言っておきたいことはある?
A 自分は恋愛に依存する傾向があるけど、
  さたむ~がそうじゃないのはもうわかっているので(苦笑)、
  うざいと嫌われないように接していきたい。

確実に、私の方が告白を受ける姿勢ではなかったと反省しきりで…
”彼”がよくがんばってくれたなぁと思います。
メールのペースをはじめ、私の性向を把握した上で、
(→このあたりが「一緒にいて嫌じゃない」理由のひとつかも…)
私の鈍感さに凹まされながらも、勇気を出して告白してくれたんですね。

「僕はそれだけさたむ~さんのコトが好きなんですよ」
と、言えちゃうあたりも、”彼”の素敵なトコロだなあって思ってます。
(あはは…なんだかノロケちゃってますかね~?)
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-27 22:27 | 2009年婚活日記

”彼”とつきあった理由

懸賞 2009年 09月 26日 懸賞

結婚相手として見た”彼”のスペックは、高くありません。
年収も高くないし(私とほぼ同じ)、
学歴も高くないし(無名大学卒)、
身長も高くない(私の身長+5センチ)。
数値化しても、”ストック”男性の中で最下位でした。
(末っ子長男だし、年齢は希望の下限だし…)

なぜ、その”彼”とつきあうことになったかというと…
「きちんと告白してくれたこと」
「一緒にいるのが嫌じゃないこと」

この2点に尽きるような気がします。

今まで9ヶ月婚活をしてきて…、
とくに後半、たくさんの男性に会いました。
でも、今まで誰も告白してくれなかったし、
告白されそうと感じて、自分から逃げ腰になってしまったこともありました。

まあ、”彼”の場合、全く「告白されそう」には思えなかったので、
意識して逃げるヒマもなかったというのが正直なところかもしれません(苦笑)

本当に予想外の告白で、私も即答はできなかったのですが、
帰宅して考えてもありがたくうれしい感じが続いたので、OKしました。

たしかに、”ストック”男性たちは、”彼”より条件のいい人が多いのですが…
あまり連絡がもらえなかったり、会って不愉快な思いをしたりすることも多くて。
最近の”彼”が、数少ない「一緒にいるのが嫌なじゃない」人であると気づきました。
…こういうのも、「好き」という感情のうちなんじゃないかな?と思っています。

ただ、「一緒にいるのが嫌じゃない」と私が感じたのは、
それなりにカラクリがあったようなので、それはまた次回☆
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-26 23:59 | 2009年婚活日記

女性上位…?

懸賞 2009年 09月 23日 懸賞

第2ステージの日記へ完全に移る前に、
もうおひとかた、ご紹介しておきます。

NEW!へりくだるSさん(30代後半、”会社”アドバイザー紹介)
初対面で、お互いの勤務先の話をしたのですが…、同じ業界の方で。
 私 「ああ…お世話になっています」
Sさん「お世話になっているのは、うちの方じゃないですか?
     うちは下請けなんですから」
 私 「いえ…いつも無理を聞いていただいて」

…アドバイザーさん、同じ業界なので話が合うと思ったのかも。。。
でも…業界が同じということは、上下関係があることも多いんですよね。

「僕、さたむ~さんの会社も受けましたけど、落ちました…」と
まるで鼻毛Cさんを思い出すような会話展開になり、別れ際。

 私 「Sさんとお話できて楽しかったです」
Sさん「本当に?うまく話せなくて…」
上記のやり取りを繰り返すこと約3回。
私もいい加減イラッとして、
 私 「ゲラゲラ笑い続けることが楽しいってことじゃないでしょ?」
Sさん「…はい、そうですね」
萎縮している相手に、追い討ちをかけてしまいました…

こんな状態、私だけが悪いってワケじゃないとも思いますが、
なんとなく引け目を感じてしまう相手の気持ちもわかります。

こういうのって、よい組み合わせではない、というコトなのでは…?
その後、メール交換にも発展せず…、こちらから「お断り」しました。
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-23 20:43 | 2009年婚活日記

カレ、おひろめ。

懸賞 2009年 09月 22日 懸賞

おつきあいすることになった彼は、
20代Uさんと呼んでいた方です。

…といっても、ここのところ更新をサボっていたので、
ブログ登場回数は、たった1回。しかも、前回の紹介のみ。

でも、実は…、初対面後のUさんがらみのメモが残っております。
ブログにはアップしなかったんですけどね。

Uさんはわりと、自分はこうしたいと思う、とはっきり言うタイプの方なんですが、
私が「(こういう理由で都合が悪いので)こうしてもいいですか?」と聞くと、
「じゃあそうしましょう」と合わせてくれるので、楽チンですねー。
私自身の問題なのかもしれませんが、
年上の男性に「こうしてもいいですか?」ってなんだか聞きにくくて。
思い切って言ってみても(言い方が悪いのか)
「やっぱりこの方がいいですよ」と元々の案で押し切られることも。
Eさんとか、Nさんはこの傾向が強いです。Hさんも会話はそうかな…
唯一、年上でもGさんには言いやすいですね。
とりあえず検討はしてみてくれて、それでも考え方が違えば、
「やっぱり僕としてはこう思うんですが…」と理論的に説明されるので。

5歳くらい上か、年下がいいのかもしれません。


ま、Uさんに対する私の気持ちは、せいぜいこの程度でした。
ていうか、最後はGさんの話になってますよね…ハハ(苦笑)

それがどうしておつきあいすることになったのかは…
次回以降また書きます♪
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-22 23:59 | 2009年婚活日記

2ndステージへ…

懸賞 2009年 09月 21日 懸賞

みなさま、連休中いかがお過ごしですか?
本日は大切なご報告(笑)があります。

ワタクシさたむ~、このたび
ついに告白され、正式に交際を申し込まれました!
そして、お受けしました!!
(婚活歴、苦節9ヶ月…)

今後、この”イバラみち”も交際篇として、
2ndステージに進みたいと思います☆



でも、2ndステージに行く、その前に。。。
これまで出会った方(の初対面時の印象)をご紹介しておきますね。

NEW!同業界Tさん(30代後半、”会社”ネット検索)
同じ業界の方で、(規模の大小はありますが)直接取引がないのが幸いし、
「○○って××ですよね~」「あ~わかります~大変ですよね~」
という具合で、それなりに打ち解けて話はできました。
だけど、声が小さい…
何度も聞き返さなくてはならないのがストレスでした。
あとは頭髪が薄めなことを除けば、真面目でいい人そうでした。

NEW!20代Uさん(20代後半、”会社”ネット検索)
アラ35の私としては、20代後半のUさんからの申込にまずびっくりして。
お話している間に、シス(姉)コンなのかな~という気がしました。なんとなく。
一緒にいるだけで(たいして話も盛り上がっていないのに)、
Uさんはずっとにこにこして楽しそうでした。
笑顔って大切ですね!つられて私もつい微笑んでしまいました。

NEW!オレ出川系Vさん(30代後半、”会社”アドバイザー紹介)
ルックスはタレントの出川哲郎さん似、性格はオレオレ系Nさん似の方でした。
Nさんよりあからさまに私の話をさえぎり、スペックは全体的にNさんより低い方。
すぐお断りしましたが、このVさんはアドバイザーさんに頼まれた”面接”でした。
Vさんは、”会社”で何人かに必ず会わせるコースを契約しているようですが、
人数達成のために、不成立前提の”面接”を組まれたってことのようですね…

NEW!オタクWさん(30代後半、”会社”ネット検索)
お会いしたなかでは、歯医者さんの次に年収のよい方でした。
「僕に会えるなんて宝くじに当たったようなものでしょ」と言うので、
「そうですね。でも、Wさんが私に会えるのも宝くじに当たったようなものですよ」
と、笑いながら言い返してみました。
すると…、「そっか、それもそうですね!」と気分を害した様子もなく。
全体的には面白かったので、また会ってもいいかなと思いました。

NEW!バツイチXさん(30代後半、”会社”アドバイザー紹介)
アドバイザーさんに、「バツイチだけどいい人がいるのよ」と言われ、
私の婚活史上初めて、結婚歴のある方とお会いしました。
離婚の理由なども話していただきましたが、
なんだか…ルックスも会話も全く問題ない方で、
正直、逆に印象に残りにくい感じでした。
もう一度お会いしてみてもいいかもしれないけど…と思っていたら、
先方から「お断り」されてしまいました☆
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-21 19:24 | 2009年婚活日記

自分をラッピング☆

懸賞 2009年 09月 18日 懸賞

どうせプレゼントをもらうのなら、
キレイにラッピングされている方がうれしいですよね♪

ということで、夏のボーナスで自分をラッピングしていました。

髪の分け目にときどき白いものが見つかるようになったので、
トリートメントにもなるというヘナで少し染めてもらいました。

爪が弱く、すぐ割れてしまって見た目も悪いので、
1ヶ月近くコーティングできるジェルネイルにしてもらいました。

次は歯のホワイトニングもしたいと思っています。
でも、さすがに冬のボーナスが出てからじゃないと無理かな…

それに、カラーもジェルもホワイトニングも、
定期的に通わないと、元に戻ってしまいます。
女性ってホントに美の維持費がかかるものですね。。。
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-18 23:59 | 2009年婚活日記

感情的な別れの基準

懸賞 2009年 09月 17日 懸賞

8月中の”面接”回数を数えてみたら、11回でした。
3日に1回以上、婚活男性と会っていたことになりますね。
ブログも更新できないわけです。

ただ、8月は別れるか続けるかを判断するために、
もう一度お会いしてみた方が多く…別れの基準は以下のとおりでした。

【物理面】8月中にお会いできず、その後の約束もできなかった方
【感情面】お会いしたり、メールしたりする中で、「また会いたい」と思えなくなった方


7月までの私は、主に【感情面】で優柔不断でした。
自分の気持ちがよく見えないんですね。アリなのか、ナシなのか。
アリと思えば全員アリに見え、ナシと思えば全員ナシに見える…
そんな私が8月に見つけた判断基準は、
相手のお誕生日を2人きりで祝えるか?ということ。

8月中にお誕生日を迎えた、友人っぽいHさん体育会系Oさん
体育会系Oさんには「私にお祝いさせてもらえますか?」と聞けました。
(先方の都合上ダメだったんですが、喜んではもらえました!)
でも、友人っぽいHさんに対しては、そういう気持ちになれませんでした。
誕生日の予定が空いていることも知ってはいたのですが…。

この感情、言葉ではうまく表現できないのですが、
友人っぽいHさんをパートナー候補とは思えていない、という、
自分の深層心理には気づかされました。
(そして、友人っぽいHさんとはお別れしました。)


逆に、私は自分の誕生日を誰と過ごしたいのか、考えてもみました。
正直な気持ちは…1人が気楽でいいかな、と思っちゃうくらい。
……まだ当分”イバラみち”は続きそうですね(苦笑)
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-17 21:15 | 2009年婚活日記

ドタキャン、ドタキャン、ワガママ

懸賞 2009年 09月 13日 懸賞

ちょっとリズムを崩しています。
体調ではなく、婚活の方です。

オレオレ系Nさんにデートをドタキャンされたことがきっかけで、
お別れすることになったのが、8月後半のことでした。

ドタキャン自体がどうの、というわけではなく…
Nさんが行きたがった(私は興味がない)イベント
・前日まで待ち合わせ場所も時間も決まらない
・前日深夜に延期&プラン変更の打診
・当日朝に「予定通り決行、詳細は後で連絡する」
・その数時間後に「やはり中止」
という状況で、ほとほと疲れてしまったんです。

「冷静になりたいから、しばらく連絡しないで」と伝えたのですが、
「会話が必要」との長文メールが来て…、
相手の気持ちを尊重できない人と思えたので、お別れしました


ところが、今回、有力株の末っ子Rさんが、まさかのドタキャン
ひどい風邪をひいて「みっともないし会えない」ということで、
その気持ちも理解できるし、何より体調が悪いときに無理してほしくはないのですが…。
私の方は、美容院もネイルサロンも行って整えた外見もそうですが、
ぽっかりと空いたこの時間、どうすればよいのかと…
正直に言いますと、他の人にでも会えたらよかったと思ったわけです。

でも…、「他の人に会えたかも」って私のワガママですよね。
ドタキャンだって、一度は(快く)許したいと考えています。
ただ、末っ子Rさん、ちゃんと次の日程を提案してくれるかなあ…
(この方は日程調整が苦手みたいなんですよね)

やっぱり先行き不安な今日この頃です。。。
[PR]

# by satanicmoon | 2009-09-13 22:44 | 色恋沙汰