タグ:婚活について考える ( 62 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

8月の反省と9月の目標

懸賞 2009年 09月 04日 懸賞

8月は、QさんからVさんまで6人の方と初めてお会いしました。
そのうち、末っ子Rさん、同業者Tさん、20代Uさんの3人が残りました。
収入等条件的にはイマイチな面もありますが、みなさんコミュニケーションがとりやすいです。
最近は厳しめに査定しているので、生き残り率50%になりました。

また、8月はこれまで何回もお会いしていた方についても、
「やっぱり無理かな…?」と思った方は、全て「お断り」しました。
7月までにお会いした方で残っているのは、3人だけです。
「彦星」Gさん、おとなしいIさん、体育会系Oさん
(おとなしいIさんは、成り行き上、残った感じかも…)

交際を申し込まれるという、8月の目標は達成できませんでしたが、
新しい方にも会ったし、古い方も整理したし、頑張ったことは頑張りました。

今月の目標は、先月に引き続き、
どなたかに交際を申し込まれること!です。
現段階での、最有力候補は末っ子Rさんかな…

活動方針としては、今後もストック(?)は約5人に抑え、
新しくお会いした方と連絡を取り続けたくなったら、
ストックのうち、どなたかを「お断り」することにします!
(メールやり取りだけの方はこの5人に含んでおりません)
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-04 23:20 | 2009年婚活日記

自分は遅刻せず、相手の遅刻は(一度は)許そう

懸賞 2009年 08月 09日 懸賞

今回、対照的な、田吾作Qさん末っ子タイプRさん
お2人にお会いして、考えたことです。

田吾作Qさんに関しては、いろいろと批判してしまいましたが、
同じ会社の先輩男性たちが婚活していたら、
むしろこういう感じかもしれない、と実は思っていました。
もしかして、私自身もこういう感じの人間かも。

会社でそれなりのポジションにいれば、
自分の信念・経験則によって他人を評価し、
仕事を進めざるを得ないことも多いです。
それが、遅刻を許さないことかもしれませんし、別の何かかもしれません。
同じ会社の人であれば、長い時間一緒にいるので、
「この人に対して、遅刻は厳禁だけど、アレに関しては融通が利く」など、
評価ポイントを把握して、周囲も地雷を踏まないように動くことができます。
でも、婚活の”面接”で一緒に過ごすのは、ほんの1~2時間。
この短い時間で、相手をある程度見定めることが必要です。

今回、私は田吾作Qさんを評価できなかったということですし、
田吾作Qさんも私を評価してはくれませんでした。

逆に…、実際に3人兄弟の末っ子である末っ子タイプRさんは、
年上の相手を立て、自分が合わせて動くことに慣れている、とも感じました。
その上、年齢も若いので、きっと柔軟性も高いんでしょうね。
その点、一人っ子であるQさんにはさらに難しいかもしれない…と
多少一人っ子に近い私も同情できる面はありました。

そんなことを考えて…
自分にも、相手の遅刻等を(少なくとも一度は)許す寛容な心と、
自分は遅刻等をしない自律性が必要だと肝に銘じました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-09 23:59 | 2009年婚活日記

条件を逆転できる(かもしれない)男性

懸賞 2009年 08月 04日 懸賞

NEW!末っ子キャラRさん(30代前半、”会社”ネット検索出会い)
写真館で撮った写真なのに、Qさんと同じくラフな服装で写っているし、
短文メールで返信は早いのに、なかなか会いたいとは言わないし。
ただ、粛清第二弾として出したメール「8月中にお会いしたいのですが」には、
すぐにOKしていただいて、”面接”の運びとなった人です。
やる気があるのかないのか、年下のせいかなあと思っていました。

でも、待ち合わせ場所に現れたRさんは、スーツ着用で、とても落ち着いた感じ。
(私が年上なせいか)少し背伸びをしているのは接していて感じるのですが、
「がんばってくれてるなあ」と好感が持てました。
Rさんの条件は決してよくないけど、このがんばりって素敵ですよね。
今後何かあっても、(私のために)がんばってくれるだろうなって思えますから。
そうそう、この方も待ち合わせポイントから少し離れて待っていた私を、
ご自分から動いて探し、見つけてくださいました。

Qさんには、そういうところがなかったのです。
相手に合わせて、自分を少し変えてみよう、
相手に自分から近づいて行こう、っていうところ。

(かく言う私もあんまりないかも…反省。)

帰りがけには、「また会ってくれますか?」と聞かれました。
(このあたりが、やっぱりQさんとは違いますよね…)
その後のお礼メールのやりとりでも、
「喜んでもらえたみたいで、よかった!」とあり、
わー、カワイイなあ(末っ子っぽい…)!と思わされたのでした。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-04 20:32 | 2009年婚活日記

7月の反省と8月の目標

懸賞 2009年 08月 03日 懸賞

7月は、新規は3人(Nさん、Oさん、Pさん)しか開拓できませんでした。
でも、全員つながっていますし、条件的には1位2位のOさんNさんがいます。
正直、Pさんは次お会いするので最後かな、とは思っていますが。。。

今月の目標は、当初の予定どおり、
どなたかに交際を申し込まれること!です。


ただ、「どなたか」と言っても、誰でもいいわけではありません。
ですから、交際を申し込まれて困るような相手については、
もう「お断り」していかないといけないわけですね。

がんばります。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-03 23:55 | 2009年婚活日記

『婚活失格』的な男性

懸賞 2009年 08月 02日 懸賞

hana-yome-niさんの記事【23】 『婚活失格』 樋口康彦 著を拝読して…
この方の著書を読んだわけではないのですが。

この著者のような男性っているいる!って思いました。

と申しますか…この週末にお会いした方のお1人が、
私が思うには、まさにこんな感じ。

NEW!田吾作Qさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
ランチをご一緒しました。「田吾作」ってのもヒドいんですが(苦笑)
この方の写真、そもそもの外見がかなりいただけないと思われる上に、
写真館ではなく、”会社”の支店で撮ったものでしてね。
条件が(Oさん並に)よかったので会うことにしたものの、
なんだかどうしても気が進まなかったんですよ。
で、ワタクシ遅刻してしまいました。
(もちろん、気が進まなかったという理由だけではないのですが。。。)
遅刻するかも!と思ったときにメールし、15分遅れでお会いして、平謝りしました。
でも、、、全然許してくれなかったな。
私が最近優しいメンズにばかり出会っていたのかもしれませんけど☆
ランチのお店にさっさか歩いていって、私は後を追うので精一杯。道中会話なし。
さらに、写真以上に残念なルックス(服装や髪型含む)…

お店での会話も…
Qさん「実際に会ってくれる女性は少ないんですよ」
 私 「…プロフィール写真を写真館で撮ってもらったらいかがですか?」
Qさん「そこまでしたくないというか。外見にこだわる人は願い下げです」
 私 「…そうですか。ただ、ほとんどの方は写真館で撮っていますよ」
Qさん「でも、私、写真よりやせたと思いません?」
 私 「…あの写真からそこまでは(苦笑)」
っていうか、写真も実物も直視できないルックスですよ、あなたは!!
こちとら、目をつぶってあなたに会いに来ているんですよ!

この方、確かに条件はいいんです。
でも弱点を含めた自己分析が全然できていない
さらに、他人の失敗は許さない
私は、こういう人とは絶対に結婚しようと思いません。

別れ際には「結果は後ほどメールでご連絡します」と言われ、
私の意向なんか聞く気がないのね…どこまで上から目線なの?と思いつつ、
ニコニコ笑って「ええ、失礼します」とお別れしました。
数時間後に、先方からお断りのメールをいただいて、すっきりしました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-02 20:56 | 2009年婚活日記

悩める「性質の悪い」男と女

懸賞 2009年 08月 01日 懸賞

粛清の一環として、「性質の悪い男」にも最後通知を出しました。
システム上「交際中」になっているからには最後の挨拶を、と考えたのです。

ところが、さすが「性質の悪い男」
当日中にきっちり返信をくれました。
この男性は依然として、他の女性と交際中なのですが…
どうにも結婚に踏み切れない、とまた相談を持ちかけてくるのです。

その、結婚できない理由も聞きましたが、彼女は変われそうにはありません。
なので、そんな彼女を受け入れられるように自分(「性質の悪い男」)が変われないなら、
もう別の人探したほうがいいんじゃないですか?私は責任取れませんけどね!
と、アドバイザーでもカウンセラーでもないのに、またメールを返してしまいました。

そうしたら、逆にアドバイスされました(苦笑)。
「(あなたみたいにぼんやりしていると)積極的な女性に意中の男性をとられますよ!」
……確かに。(自分ではぼんやりしているつもりはなかったのですが。)
実は、この男性の彼女、私と同時に出会った人であることを知らされ、
会った当日に、体の関係を持ち交際スタートしたと聞き、かなり凹みました。
そんなこと、私には絶対できません…。
それに、(彼のように)別の女に彼女の愚痴を言う男とは交際したくないです…。

でも、こんなやりとりができる関係もめったにない気がして…(私も性格が悪いので。)
まだこの人と縁を切ることができません。。。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-01 21:53 | 2009年婚活日記

恋におちる瞬間?!

懸賞 2009年 07月 31日 懸賞

前回前々回と婚活の実際的な側面を書いて、
私自身の気持ちがギスギスしてしまったので…
今回はちょっとロマンティックなことを書こうと思います。

どうして希望条件から離れたGさんに執着したり、
「性質の悪い男」とまだ縁が切れていなかったりするのかと申しますと。
それは当然、彼らが輝いて見える瞬間があるからです。

「彦星」のGさんを素敵に思えたのは…、
待ち合わせたお店の入口で、店員による案内を待っていた私を
(「着きました」メールを見て)急いで迎えに出て来てくれた瞬間でした。
のほほん系Pさんとも同じ状況がありましたが、彼は席で待っていました。
 私の感覚では、わざわざ迎えに出ないPさんが普通です。)

「性質の悪い男」とは、”会社”の立食パーティで出会ったのですが、
料理を取り分ける手際がよく、身のこなしがとてもキレイだったのが印象的でした。
(後で知ったのですが、彼は飲食店を経営している本職の方でした。)

友達みたいなHさんも、素敵と思わせられる瞬間があります。
私が日蝕を見たかった(けど見られない)のを覚えていて、
写メを送ってくれたときに、ホントにいい方だな~と思いました。
(日蝕の写真を、しかも平日の昼間に撮るのは結構大変だったはず…)

どなたにも、キラキラする瞬間があるんです。まちがいなく。
そんな方々を条件などで切り捨てるのは…、
(婚活とはそういうものだと割り切るしかないとは思っているのですが)
やっぱり心が痛くて、思い切ることが難しいです。
[PR]

by satanicmoon | 2009-07-31 22:59 | 2009年婚活日記

数値化&ランキング

懸賞 2009年 07月 27日 懸賞

昨日から引き続き考えていました。

「私、自分の結婚の理想を見失っていない?」

出会う方すべてに、長所があり、そして短所があります。
でも、何度お会いしても、長所と短所を確認しているだけでは、誰も選ぶことができません。
そんな私では、きっと、誰からも選ばれることもありません。

改めて、結婚相手に希望する自分の条件を明確に…数値化して、
これまでお会いした方について、順位をつけてみることにしました。
(お相手に対し、失礼なことは重々承知ですが…)

<条件的な順位>
1位 体育会系Oさん(30代後半、”会社”ネット検索出会い)
2位 オレオレ系Nさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)
3位 おとなしいIさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)
 (((中略)))
8位 「彦星」のGさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)

そうです、条件的にはきっと上記のような感じです。

<総合での順位>
1位 体育会系Oさん(30代後半、”会社”ネット検索出会い)
2位 オレオレ系Nさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)
3位 「彦星」のGさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)

上記は、無理に外見やフィーリングの点数を上げて、
なんとか3位内にGさんを持ってこようとした結果です(笑)

少しだけ、どっちの方向に進むべきか見えたかもしれません。
[PR]

by satanicmoon | 2009-07-27 22:36 | 2009年婚活日記

ばーかばーか。

懸賞 2009年 07月 25日 懸賞

婚活相手を大規模粛清中のさたむ~です。

もうね、最後通知を出して、一週間返信をよこさない相手は切ります。
さらに、(明確な理由なく)会う予定が立たない相手も切ります。

ちなみにGさんも例外ではありません。
私から「会えませんか?」と打診するのも、この人に限っては2回め。
さすがにこういう場合は「返信率悪くてすみません」と速攻返信してくるものの、
「織姫と彦星も年に一度会うから積もる話もあるわけで」てなことを言われました。

ばーかばーか!
年に一度しか会わなくて結婚する人間がいるもんですか!
いたとしても、結婚するまで一体何年かかるんですか!
私たち人間はお星様ほど長くは生きられないんですっ。

つき合っているわけでもないですし、週一で会えとは申しません。
でも、せめて、月に一度くらいは都合をつけてもらわないと…
今後、交際していくとしても、障害が多すぎると思いませんか?
[PR]

by satanicmoon | 2009-07-25 23:19 | 2009年婚活日記

あれれ?

懸賞 2009年 07月 18日 懸賞

約1ヶ月ぶりに、アドバイザーさんに会いに行きました。

アドバイザーさんは、私が面談予約を入れた時点で、
「交際の報告」と思い込んでいたそうです。

「いえ、この1ヶ月、ほとんど動きがないんですよ」
と告げたところ、すごくびっくりされました。

というのも、システム上、私はこれまで100人以上に申し込まれ、
自分からも同じくらいの人数に申し込んでいたからです。
つまり、200人以上とプロフィール交換はしていたということ。
そのうち、20人以上と「交際中」となっているので、
実際は誰とも交際してないなんて思わなかったらしいです。

確かに、この1ヶ月、仕事は忙しいし、体調はよくないし…、
婚活相手とのメールも「おはよう」「おやすみ」の定型的な感じでした。
今になって振り返ってみれば…、
前にアドバイザーさんに相談に行ってから新しくお会いした方はいても、
どの方も「またお会いしたい!」と自分から積極的には思えない人。

私、いつのまにか婚活をサボっていた…?

「20人以上って多すぎると思うわよ。整理しなきゃ!」
「イマイチと思ったら、ドンドンお断りして。ドンドン紹介するから」
「12月まで。あと半年、がんばるんでしょ?気合入れなおして!」


アドバイザーさんに、を入れられてしまいました。。。

そんな…私なりにがんばってるのに…

そのときは、なんだか悲しくなって落ち込んでしまいました。

でも…婚活の結果が出ていなくて、しばらく出そうにないのも事実。
なんとか気持ちを切り替えて、
(といっても、忙しさや体調不良は一朝一夕で改善できないので)
8月から再びダッシュするための準備をすることにしました!
[PR]

by satanicmoon | 2009-07-18 09:03 | 2009年婚活日記