タグ:婚活のお相手 ( 57 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

別れの作法(ケース1)

懸賞 2009年 10月 04日 懸賞

”彼”とおつき合いするにあたって、”ストック”男性と別れました。
(”彼”の方は、昨日も婚活相手に会った気配がありますが…)
タイトルには「作法」とありますが、実は失敗ばかりで苦労しました。

最初に別れを告げたのが、末っ子Rさん(30歳頃、”会社”ネット検索出会い)
9月当初には最有力候補だった方です。
この人はドタキャン事件もあって心配していたのですが…、
結果としては、心配したとおりの展開となりました。

次の約束もご自分からは提案していただけず、
ドタキャンされた約束では私の趣味に合わせた内容だったデートも、
いつのまにか、ご自分の好みに変更されてしまいました。
それでも、今回はRさんに任せてみてもいいかな?と思っていたのですが…
Rさんとのデート前日に”彼”に告白され。。。

”彼”の了承(実は事後承諾)をとって、Rさんとの最後のデートに臨みました。

そして、デートのメインイベントが終わったところで、
「実は、別の男性に告白された」と打ち明けました。

すると…その後、数時間拘束(?)されることに。
「そろそろ帰りたい」と言っても、「もう少しつきあってください」と言われて…
でも、Rさん、最後まで私に告白するわけでもなく。
その上、メインイベントの後は何も予定を立てていなかったらしく、
拘束中のほとんどは、お茶やご飯の場所を探して街をうろうろ。
最後は「”彼”と別れたら戻ってきてほしい。自分は待っている」という、
なんとも情けない別れのお言葉。。。
すっかり愛想が尽きてしまいました。

”彼”とつきあうことができて、本当によかった♪
って、改めて実感する結果に。

この件は”彼”にも簡単に伝えてありますが…
「同じ状況だったら、僕もそうなるな~」
「二度と会えないと思ったら、帰らせたくないし」
自分のことのように本気で凹んでいたわけで。

そして、相手も突然でダメージが大きいし、私の身も危ないと判断して、
これ以降、婚活相手に面と向かっての交際宣言はやめることにしたのでした。
[PR]

by satanicmoon | 2009-10-04 22:16 | 2009年婚活日記

女性上位…?

懸賞 2009年 09月 23日 懸賞

第2ステージの日記へ完全に移る前に、
もうおひとかた、ご紹介しておきます。

NEW!へりくだるSさん(30代後半、”会社”アドバイザー紹介)
初対面で、お互いの勤務先の話をしたのですが…、同じ業界の方で。
 私 「ああ…お世話になっています」
Sさん「お世話になっているのは、うちの方じゃないですか?
     うちは下請けなんですから」
 私 「いえ…いつも無理を聞いていただいて」

…アドバイザーさん、同じ業界なので話が合うと思ったのかも。。。
でも…業界が同じということは、上下関係があることも多いんですよね。

「僕、さたむ~さんの会社も受けましたけど、落ちました…」と
まるで鼻毛Cさんを思い出すような会話展開になり、別れ際。

 私 「Sさんとお話できて楽しかったです」
Sさん「本当に?うまく話せなくて…」
上記のやり取りを繰り返すこと約3回。
私もいい加減イラッとして、
 私 「ゲラゲラ笑い続けることが楽しいってことじゃないでしょ?」
Sさん「…はい、そうですね」
萎縮している相手に、追い討ちをかけてしまいました…

こんな状態、私だけが悪いってワケじゃないとも思いますが、
なんとなく引け目を感じてしまう相手の気持ちもわかります。

こういうのって、よい組み合わせではない、というコトなのでは…?
その後、メール交換にも発展せず…、こちらから「お断り」しました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-23 20:43 | 2009年婚活日記

カレ、おひろめ。

懸賞 2009年 09月 22日 懸賞

おつきあいすることになった彼は、
20代Uさんと呼んでいた方です。

…といっても、ここのところ更新をサボっていたので、
ブログ登場回数は、たった1回。しかも、前回の紹介のみ。

でも、実は…、初対面後のUさんがらみのメモが残っております。
ブログにはアップしなかったんですけどね。

Uさんはわりと、自分はこうしたいと思う、とはっきり言うタイプの方なんですが、
私が「(こういう理由で都合が悪いので)こうしてもいいですか?」と聞くと、
「じゃあそうしましょう」と合わせてくれるので、楽チンですねー。
私自身の問題なのかもしれませんが、
年上の男性に「こうしてもいいですか?」ってなんだか聞きにくくて。
思い切って言ってみても(言い方が悪いのか)
「やっぱりこの方がいいですよ」と元々の案で押し切られることも。
Eさんとか、Nさんはこの傾向が強いです。Hさんも会話はそうかな…
唯一、年上でもGさんには言いやすいですね。
とりあえず検討はしてみてくれて、それでも考え方が違えば、
「やっぱり僕としてはこう思うんですが…」と理論的に説明されるので。

5歳くらい上か、年下がいいのかもしれません。


ま、Uさんに対する私の気持ちは、せいぜいこの程度でした。
ていうか、最後はGさんの話になってますよね…ハハ(苦笑)

それがどうしておつきあいすることになったのかは…
次回以降また書きます♪
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-22 23:59 | 2009年婚活日記

2ndステージへ…

懸賞 2009年 09月 21日 懸賞

みなさま、連休中いかがお過ごしですか?
本日は大切なご報告(笑)があります。

ワタクシさたむ~、このたび
ついに告白され、正式に交際を申し込まれました!
そして、お受けしました!!
(婚活歴、苦節9ヶ月…)

今後、この”イバラみち”も交際篇として、
2ndステージに進みたいと思います☆



でも、2ndステージに行く、その前に。。。
これまで出会った方(の初対面時の印象)をご紹介しておきますね。

NEW!同業界Tさん(30代後半、”会社”ネット検索)
同じ業界の方で、(規模の大小はありますが)直接取引がないのが幸いし、
「○○って××ですよね~」「あ~わかります~大変ですよね~」
という具合で、それなりに打ち解けて話はできました。
だけど、声が小さい…
何度も聞き返さなくてはならないのがストレスでした。
あとは頭髪が薄めなことを除けば、真面目でいい人そうでした。

NEW!20代Uさん(20代後半、”会社”ネット検索)
アラ35の私としては、20代後半のUさんからの申込にまずびっくりして。
お話している間に、シス(姉)コンなのかな~という気がしました。なんとなく。
一緒にいるだけで(たいして話も盛り上がっていないのに)、
Uさんはずっとにこにこして楽しそうでした。
笑顔って大切ですね!つられて私もつい微笑んでしまいました。

NEW!オレ出川系Vさん(30代後半、”会社”アドバイザー紹介)
ルックスはタレントの出川哲郎さん似、性格はオレオレ系Nさん似の方でした。
Nさんよりあからさまに私の話をさえぎり、スペックは全体的にNさんより低い方。
すぐお断りしましたが、このVさんはアドバイザーさんに頼まれた”面接”でした。
Vさんは、”会社”で何人かに必ず会わせるコースを契約しているようですが、
人数達成のために、不成立前提の”面接”を組まれたってことのようですね…

NEW!オタクWさん(30代後半、”会社”ネット検索)
お会いしたなかでは、歯医者さんの次に年収のよい方でした。
「僕に会えるなんて宝くじに当たったようなものでしょ」と言うので、
「そうですね。でも、Wさんが私に会えるのも宝くじに当たったようなものですよ」
と、笑いながら言い返してみました。
すると…、「そっか、それもそうですね!」と気分を害した様子もなく。
全体的には面白かったので、また会ってもいいかなと思いました。

NEW!バツイチXさん(30代後半、”会社”アドバイザー紹介)
アドバイザーさんに、「バツイチだけどいい人がいるのよ」と言われ、
私の婚活史上初めて、結婚歴のある方とお会いしました。
離婚の理由なども話していただきましたが、
なんだか…ルックスも会話も全く問題ない方で、
正直、逆に印象に残りにくい感じでした。
もう一度お会いしてみてもいいかもしれないけど…と思っていたら、
先方から「お断り」されてしまいました☆
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-21 19:24 | 2009年婚活日記

感情的な別れの基準

懸賞 2009年 09月 17日 懸賞

8月中の”面接”回数を数えてみたら、11回でした。
3日に1回以上、婚活男性と会っていたことになりますね。
ブログも更新できないわけです。

ただ、8月は別れるか続けるかを判断するために、
もう一度お会いしてみた方が多く…別れの基準は以下のとおりでした。

【物理面】8月中にお会いできず、その後の約束もできなかった方
【感情面】お会いしたり、メールしたりする中で、「また会いたい」と思えなくなった方


7月までの私は、主に【感情面】で優柔不断でした。
自分の気持ちがよく見えないんですね。アリなのか、ナシなのか。
アリと思えば全員アリに見え、ナシと思えば全員ナシに見える…
そんな私が8月に見つけた判断基準は、
相手のお誕生日を2人きりで祝えるか?ということ。

8月中にお誕生日を迎えた、友人っぽいHさん体育会系Oさん
体育会系Oさんには「私にお祝いさせてもらえますか?」と聞けました。
(先方の都合上ダメだったんですが、喜んではもらえました!)
でも、友人っぽいHさんに対しては、そういう気持ちになれませんでした。
誕生日の予定が空いていることも知ってはいたのですが…。

この感情、言葉ではうまく表現できないのですが、
友人っぽいHさんをパートナー候補とは思えていない、という、
自分の深層心理には気づかされました。
(そして、友人っぽいHさんとはお別れしました。)


逆に、私は自分の誕生日を誰と過ごしたいのか、考えてもみました。
正直な気持ちは…1人が気楽でいいかな、と思っちゃうくらい。
……まだ当分”イバラみち”は続きそうですね(苦笑)
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-17 21:15 | 2009年婚活日記

ドタキャン、ドタキャン、ワガママ

懸賞 2009年 09月 13日 懸賞

ちょっとリズムを崩しています。
体調ではなく、婚活の方です。

オレオレ系Nさんにデートをドタキャンされたことがきっかけで、
お別れすることになったのが、8月後半のことでした。

ドタキャン自体がどうの、というわけではなく…
Nさんが行きたがった(私は興味がない)イベント
・前日まで待ち合わせ場所も時間も決まらない
・前日深夜に延期&プラン変更の打診
・当日朝に「予定通り決行、詳細は後で連絡する」
・その数時間後に「やはり中止」
という状況で、ほとほと疲れてしまったんです。

「冷静になりたいから、しばらく連絡しないで」と伝えたのですが、
「会話が必要」との長文メールが来て…、
相手の気持ちを尊重できない人と思えたので、お別れしました


ところが、今回、有力株の末っ子Rさんが、まさかのドタキャン
ひどい風邪をひいて「みっともないし会えない」ということで、
その気持ちも理解できるし、何より体調が悪いときに無理してほしくはないのですが…。
私の方は、美容院もネイルサロンも行って整えた外見もそうですが、
ぽっかりと空いたこの時間、どうすればよいのかと…
正直に言いますと、他の人にでも会えたらよかったと思ったわけです。

でも…、「他の人に会えたかも」って私のワガママですよね。
ドタキャンだって、一度は(快く)許したいと考えています。
ただ、末っ子Rさん、ちゃんと次の日程を提案してくれるかなあ…
(この方は日程調整が苦手みたいなんですよね)

やっぱり先行き不安な今日この頃です。。。
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-13 22:44 | 色恋沙汰

どうなのよ?

懸賞 2009年 08月 31日 懸賞

お気に入り「彦星」Gさん(40歳頃、”会社”ネット検索出会い)とも相変わらずでした。

Gさんに「○日のご都合はいかがですか?」と聞かれたので、
私は「○日は××に行こうと思っていたので、ご一緒しますか?」と返信しました。
その返事がないまま、3日が過ぎました。ちなみに携帯メールです。
そこで、私が「気が進まないなら、別の場所にしましょうか?」と提案すると、
すぐにGさんから返信があり、「すみません、××全然大丈夫です」…

私はいつもGさんに謝られている気がします。
Gさん、いつも謝るような相手といて、楽しいのかな…
(ただ、私の経験からすると、いつも謝っていても…
 「また怒られちゃったよ!」と楽しい人もいるみたいですから、
 一概にどうとは言えませんが。。。でも、それって特殊な例ですよね。。。)

このデートが終わった現在でも、
Gさんとは相変わらず、つかず離れずなのですが…
それでも、きっと9月中には区切りを迎える気がします。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-31 23:19 | 2009年婚活日記

自分は遅刻せず、相手の遅刻は(一度は)許そう

懸賞 2009年 08月 09日 懸賞

今回、対照的な、田吾作Qさん末っ子タイプRさん
お2人にお会いして、考えたことです。

田吾作Qさんに関しては、いろいろと批判してしまいましたが、
同じ会社の先輩男性たちが婚活していたら、
むしろこういう感じかもしれない、と実は思っていました。
もしかして、私自身もこういう感じの人間かも。

会社でそれなりのポジションにいれば、
自分の信念・経験則によって他人を評価し、
仕事を進めざるを得ないことも多いです。
それが、遅刻を許さないことかもしれませんし、別の何かかもしれません。
同じ会社の人であれば、長い時間一緒にいるので、
「この人に対して、遅刻は厳禁だけど、アレに関しては融通が利く」など、
評価ポイントを把握して、周囲も地雷を踏まないように動くことができます。
でも、婚活の”面接”で一緒に過ごすのは、ほんの1~2時間。
この短い時間で、相手をある程度見定めることが必要です。

今回、私は田吾作Qさんを評価できなかったということですし、
田吾作Qさんも私を評価してはくれませんでした。

逆に…、実際に3人兄弟の末っ子である末っ子タイプRさんは、
年上の相手を立て、自分が合わせて動くことに慣れている、とも感じました。
その上、年齢も若いので、きっと柔軟性も高いんでしょうね。
その点、一人っ子であるQさんにはさらに難しいかもしれない…と
多少一人っ子に近い私も同情できる面はありました。

そんなことを考えて…
自分にも、相手の遅刻等を(少なくとも一度は)許す寛容な心と、
自分は遅刻等をしない自律性が必要だと肝に銘じました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-09 23:59 | 2009年婚活日記

条件を逆転できる(かもしれない)男性

懸賞 2009年 08月 04日 懸賞

NEW!末っ子キャラRさん(30代前半、”会社”ネット検索出会い)
写真館で撮った写真なのに、Qさんと同じくラフな服装で写っているし、
短文メールで返信は早いのに、なかなか会いたいとは言わないし。
ただ、粛清第二弾として出したメール「8月中にお会いしたいのですが」には、
すぐにOKしていただいて、”面接”の運びとなった人です。
やる気があるのかないのか、年下のせいかなあと思っていました。

でも、待ち合わせ場所に現れたRさんは、スーツ着用で、とても落ち着いた感じ。
(私が年上なせいか)少し背伸びをしているのは接していて感じるのですが、
「がんばってくれてるなあ」と好感が持てました。
Rさんの条件は決してよくないけど、このがんばりって素敵ですよね。
今後何かあっても、(私のために)がんばってくれるだろうなって思えますから。
そうそう、この方も待ち合わせポイントから少し離れて待っていた私を、
ご自分から動いて探し、見つけてくださいました。

Qさんには、そういうところがなかったのです。
相手に合わせて、自分を少し変えてみよう、
相手に自分から近づいて行こう、っていうところ。

(かく言う私もあんまりないかも…反省。)

帰りがけには、「また会ってくれますか?」と聞かれました。
(このあたりが、やっぱりQさんとは違いますよね…)
その後のお礼メールのやりとりでも、
「喜んでもらえたみたいで、よかった!」とあり、
わー、カワイイなあ(末っ子っぽい…)!と思わされたのでした。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-04 20:32 | 2009年婚活日記

『婚活失格』的な男性

懸賞 2009年 08月 02日 懸賞

hana-yome-niさんの記事【23】 『婚活失格』 樋口康彦 著を拝読して…
この方の著書を読んだわけではないのですが。

この著者のような男性っているいる!って思いました。

と申しますか…この週末にお会いした方のお1人が、
私が思うには、まさにこんな感じ。

NEW!田吾作Qさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)
ランチをご一緒しました。「田吾作」ってのもヒドいんですが(苦笑)
この方の写真、そもそもの外見がかなりいただけないと思われる上に、
写真館ではなく、”会社”の支店で撮ったものでしてね。
条件が(Oさん並に)よかったので会うことにしたものの、
なんだかどうしても気が進まなかったんですよ。
で、ワタクシ遅刻してしまいました。
(もちろん、気が進まなかったという理由だけではないのですが。。。)
遅刻するかも!と思ったときにメールし、15分遅れでお会いして、平謝りしました。
でも、、、全然許してくれなかったな。
私が最近優しいメンズにばかり出会っていたのかもしれませんけど☆
ランチのお店にさっさか歩いていって、私は後を追うので精一杯。道中会話なし。
さらに、写真以上に残念なルックス(服装や髪型含む)…

お店での会話も…
Qさん「実際に会ってくれる女性は少ないんですよ」
 私 「…プロフィール写真を写真館で撮ってもらったらいかがですか?」
Qさん「そこまでしたくないというか。外見にこだわる人は願い下げです」
 私 「…そうですか。ただ、ほとんどの方は写真館で撮っていますよ」
Qさん「でも、私、写真よりやせたと思いません?」
 私 「…あの写真からそこまでは(苦笑)」
っていうか、写真も実物も直視できないルックスですよ、あなたは!!
こちとら、目をつぶってあなたに会いに来ているんですよ!

この方、確かに条件はいいんです。
でも弱点を含めた自己分析が全然できていない
さらに、他人の失敗は許さない
私は、こういう人とは絶対に結婚しようと思いません。

別れ際には「結果は後ほどメールでご連絡します」と言われ、
私の意向なんか聞く気がないのね…どこまで上から目線なの?と思いつつ、
ニコニコ笑って「ええ、失礼します」とお別れしました。
数時間後に、先方からお断りのメールをいただいて、すっきりしました。
[PR]

by satanicmoon | 2009-08-02 20:56 | 2009年婚活日記