タグ:結婚情報サービス ( 43 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

勝ち組男の煽り方

懸賞 2011年 06月 28日 懸賞

オタクWさんは、自他共に認める”勝ち組”男でした。
有名大学卒業、マスコミ勤務、年収1,000万超。
…まあ、容姿はともかく(苦笑)

最初の日程調整から、
「(自分は大勢の女性から申込を受けているので)
 残念、タッチの差でその日は埋まってしまいました」
などとおっしゃる、上から目線。
上のリンク先の「宝くじ」発言もそうですが。。。

でも、私が夫とつき合うことになって、お別れメールをしたとき、
「僕だって(さたむ~のことを)好きなのに!」と言ってもらえたんですよね。

オタクWさんに好かれた理由を考えてみますと…
私自身の特性というより、以下の3つの行動だったと思うんです。
(1)Wさんの高スペックに卑屈にならなかった。
(2)Wさんのオタク趣味を否定しなかった。
(3)Wさん以外にもアピールされていることをにおわせた。


(1)については、リンク先の「宝くじ」のやり取りにも現れたかと。
確かにWさんは、婚活相手の中では高スペックでしたが、
親族や友人、元彼に比べると、特に高スペックでもなかったですし…。
あ、でも、私自身よりも頑張り屋なのは評価していました。もちろん。

(2)については、私自身、ややオタク傾向があり、
Wさんの趣味のうち、一部については話が盛り上がりました。
正直、Wさんは私がひいてしまうような趣味もお持ちでしたが、
婚活慣れしていた私は、嫌悪感を出すことなくスルーできたと思います。

(3)については、のほほん系Pさんとのデートや、
ハイテンションBさん(40歳頃、仕事関係者)との交流が役に立ちました。
Pさんとのデートで行ったスポーツ観戦や、Bさんが手配してくれた舞台は、
実はどちらも人気が高く、チケットが取りにくいことで有名でした。
なので、「最近、○○や○○を見に行った」と話題にしたところ、
Wさんが「婚活相手と?どんな座席?」と目を光らせてきて…
『それだけのコネがあるなんて、そいつらも高スペックに違いない』
→『この女(さたむ~)には、高スペックの男が狙う価値があるに違いない』
と、勝手に対抗心を燃やしてくれたみたいなんです。

Wさんは今までずっと競争し、勝ってきたので、
婚活でも負けるのが嫌だったんだと思うんですよね。
その競争心を私がうまく煽れたんだと思うんです。

ですので、高スペック男性を狙っている方、
相手に接するときは、余裕たっぷりで卑屈にならず、
彼に競争相手がいることをさりげなく教えてあげましょう!

…あと、少々の欠点には目をつぶりましょう(苦笑)

まあ、私はWさんよりスペック的にはずっと低い男性と結婚しちゃいましたが☆
[PR]

by satanicmoon | 2011-06-28 21:59 | 婚活ふりかえり

婚約おめでとう!

懸賞 2011年 06月 13日 懸賞

婚活していた友人から、結婚が決まったとの一報が入りました!
おめでとう!!やったね☆

学生時代の(私にとっては数少ない、大切な)友人は、2歳年上のアラフォー。
このブログを唯一紹介したリアル友人でもあり、
私が卒業した結婚情報サービス会社に、昨年入会された方でもあります。

でも、お仕事が忙しそうで、
それほど婚活に時間を割いているようには見えなかったのですが…
(私が時間と労力つぎこみすぎだったかも?苦笑)
先日、めでたく婚約♪♪

結婚情報サービス会社に入会してから、1年も経っていません。
やっぱり運命の相手と出会うと、トントン拍子にコトが進むもんだね、
と、夫と私で微笑み合いました。

好きな人とは一緒にいるだけで幸せですが、
その人が「死ぬまでキミと一緒にいる」と誓ってくれると、
一緒にいて、もっともっと幸せを感じられますよ~♪
[PR]

by satanicmoon | 2011-06-13 13:57 | よそさまのこと

まだ「お断り」されています。

懸賞 2009年 10月 30日 懸賞

活動を休止しているので、
結婚情報サービス会社から新しい紹介は来ませんが、
(むしろ、そろそろ退会を考えてもいいのか…)
「お断りされたよ~!」という連絡だけは来ます。

ケイタイへの通知メールだけでは、
誰にお断りされたかわからないのですが、
PCを開いたついでにログインしてみたら、
最後の”面接”者Yさん(30代後半、”会社”マッチング紹介)でした。

Yさんにも素敵なお相手が見つかったのかな?
それとも、お忙しい方だから、断り忘れていたのかな?
(一度お会いしただけですが)Yさんは印象のよい方だったこともあり、
幸せになられているといいな~と心から思います。

でも、よく考えると、「お断り」って…
「あなたと交際する気はありません。
 今後、一切連絡しないでください」

という意思表示なわけで。

改めて交際前の自分を振り返ってみると、毎日のように、
精神的に酷なことをしたりされたりしてきたな、と感じました。
すごくタフ…言葉を変えれば、鈍感にならざるを得なかったと思います。
婚活中の方々、今は辛くても、めげずにがんばっていただきたいです!
[PR]

by satanicmoon | 2009-10-30 21:00 | 2009年婚活日記

別れの作法(最終ケース)

懸賞 2009年 10月 17日 懸賞

Yさん(30代後半、”会社”マッチング紹介)の後、まだ、
婚活相手2人と会う約束を(”彼”と付き合う前に)していました。
でも…、
「ほかの人にきちんと別れを言うことは大切なことだとわかっているけど…
 僕はやっぱり心配…」
と、”彼”をしょんぼりさせてしまったのが心苦しくて。

多少日程に余裕のあった残りの2人には、
会う前にメールで交際宣言をしてしまいました。
その上で、最後にお会いするかどうか選択してもらいました。
結果的には、2人とも「もう会わないほうがいい」とのお返事だったので、
それで空いた日に、”彼”とディズニーシーに行くことができました☆

メールで交際宣言をした2人のうち1人、
Tさんには「もう仕事の話もできないと思うと、残念です」と言われました。
もう1人のWさんには「僕だって好きなのに!」と言ってもらえましたが、
その後のやり取りで、気持ちを治めてもらうことはできました。
…最初からこの別れ方をすればよかったのかと。。。
ていうか、8月に「交際」人数を絞っておいてホントよかったです(苦笑)


ちなみに、GさんOさんは交際宣言もしないまま自然消滅で、
RさんWさんもシステム上では「お断り」していません。
つまり、”彼”と別れたら、いつでも連絡再開できる状態ってことです。
ずるいですかね~?でも、そういうものだと思うんですよね…

結婚情報サービス会社を休止できたか、とか、
他の相手ともう連絡はとっていないか、とか、
そういうことは、”彼”とお互いに確認していますが。。。

"point of no return"に行き着くには、
まだちょっと時間がかかりそうです。たぶん、お互いに。
[PR]

by satanicmoon | 2009-10-17 23:59 | 2009年婚活日記

結婚情報サービス会社の”交際”とは

懸賞 2009年 09月 28日 懸賞

結婚情報サービス会社では(少なくとも私が会員となっている会社では)、
同じく”交際”という言葉を使いつつ、別の状態を示すことがあります。

1 システム上、「交際中」となっている場合
  → この状態では、何人とでも同時に「交際」できます。
    新たなお相手もドンドン紹介され、ドンドン申し込むことができます。
2 システム上、「交際休止」をとっている場合
  → この状態では、交際相手を1人に決めている状態です。
    新たなお相手を紹介されることはなく、申し込むこともできません。

就職活動に例えて、
1の「交際中」は、書類審査をクリアして面接に進んだ状態、
2の「交際休止」は、お互いに内定を出し合った状態、
と表現するのがわかりやすいでしょうか。

これまでの私は、1の「交際中」だったわけですが、
”彼”に告白されたことで、2の「交際休止」に進んだわけです。

というわけで、現在、
”彼”と私は結婚情報サービス会社での活動は休止しまして、
最長3ヶ月間、会費を徴収されることもありません。

結婚情報サービス会社的には、
「3ヶ月以内で結婚するかどうか決めなさい」
ということなんでしょうね。

…今から3ヶ月というと、ちょうど年末ぐらい。
さたむ~的にも、結婚が決まっていてほしい頃です。
次はプロポーズしてもらうことを目標に、これからもがんばります☆
[PR]

by satanicmoon | 2009-09-28 20:46 | 2009年婚活日記

あれれ?

懸賞 2009年 07月 18日 懸賞

約1ヶ月ぶりに、アドバイザーさんに会いに行きました。

アドバイザーさんは、私が面談予約を入れた時点で、
「交際の報告」と思い込んでいたそうです。

「いえ、この1ヶ月、ほとんど動きがないんですよ」
と告げたところ、すごくびっくりされました。

というのも、システム上、私はこれまで100人以上に申し込まれ、
自分からも同じくらいの人数に申し込んでいたからです。
つまり、200人以上とプロフィール交換はしていたということ。
そのうち、20人以上と「交際中」となっているので、
実際は誰とも交際してないなんて思わなかったらしいです。

確かに、この1ヶ月、仕事は忙しいし、体調はよくないし…、
婚活相手とのメールも「おはよう」「おやすみ」の定型的な感じでした。
今になって振り返ってみれば…、
前にアドバイザーさんに相談に行ってから新しくお会いした方はいても、
どの方も「またお会いしたい!」と自分から積極的には思えない人。

私、いつのまにか婚活をサボっていた…?

「20人以上って多すぎると思うわよ。整理しなきゃ!」
「イマイチと思ったら、ドンドンお断りして。ドンドン紹介するから」
「12月まで。あと半年、がんばるんでしょ?気合入れなおして!」


アドバイザーさんに、を入れられてしまいました。。。

そんな…私なりにがんばってるのに…

そのときは、なんだか悲しくなって落ち込んでしまいました。

でも…婚活の結果が出ていなくて、しばらく出そうにないのも事実。
なんとか気持ちを切り替えて、
(といっても、忙しさや体調不良は一朝一夕で改善できないので)
8月から再びダッシュするための準備をすることにしました!
[PR]

by satanicmoon | 2009-07-18 09:03 | 2009年婚活日記

婚活迷路から抜け出す論理的思考

懸賞 2009年 06月 24日 懸賞

婚活を初めてから、半年が過ぎようとしています。
(結婚情報サービス会社に入会したのは2月ですが…)
この間、パーティに8回参加して100人以上の男性とお話しし
個人的にも10人以上のお相手と、お茶や食事を共にしました。

でも…これまでお会いした方のなかで、
「素敵かも」と感じたのは、FさんGさんのお2人くらい。
ストレスフリーなHさん、癒し系Jさんのほか、
ユニークなMさんも「アリかも」とは思いつつも、
「せいぜい、アリかも、というレベルにすぎないよね」
「結構な人数に会っている割に、素敵な人っていないなあ」

と、最近は漠然と思っていたのですが。

でも、逆に考えると…、個人的に会ったうち、
2割「素敵かも」と思える相手ということで。
さらに、5割近くは「アリかも」と思えるワケです。
(その上、会ってみてこちらは「アリ」と思ったのに、
 断られたのはFさんだけ。今のところ1割以下です。)

野球に例えてみれば…、
イチローの打率だって、3割5分ぐらい。
世界の王選手ですら、
ホームランの打率(通算本塁打/通算打数)は、
9分3厘、1割もいきません。

婚活の打率としては、悪くないのではないでしょうか。
長打が出ても、そのまま得点につながるとは限りませんし。
凡打が続いても、ちゃくちゃくと塁を進めることはできるはず。

それに、最終的にはゲームに勝てばいいのです。

たぶん、私、打率もさほど低い方ではないし、
それなりに出塁もしている自信があります。
「私ね、さたむ~さんは、大丈夫だと思う」
アドバイザーさんのそんな言葉も、私の自信の裏づけです。
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-24 20:29 | 2009年婚活日記

次の局面へ向けて

懸賞 2009年 06月 21日 懸賞

結婚情報サービス会社に入会して5ヶ月ということで、
久々に、アドバイザーさんに相談に行きました。

現在の状況としては…、
一度は会って、それなりに連絡を取り続けている方が8人。
これからお会いする段階の方が、やはり同人数います。

そんな感じで、そこそこストックもできたということで…

7月いっぱいで一旦”会社”での活動を「休止」し、
それまでにご紹介いただいた方々の中から、
どなたかを選ぶ方向で婚活を進めていくことになりました。

というわけで、新しい方に会えるのも、あと1ヶ月強。
今まで以上に、素敵な方に出会えることを祈っています♪
[PR]

by satanicmoon | 2009-06-21 12:51 | 2009年婚活日記

手ごたえ薄し

懸賞 2009年 05月 16日 懸賞

最近の婚活相手の状況は…

ハイテンションBさん(40歳頃、仕事関係者)とは、
相変わらずメールのやりとりをしています。

鼻毛Cさん(30代半ば、”会社”パーティ出会い)
まだ見ぬDさん(30代後半、”会社”ネット検索出会い)とは、
音信が途絶えました。正式に「お断り」はされていないんですけどね…
そのうちヒマができたらまたメールしてみます(?)。

なれなれしいEさん(30代半ば、”会社”ネット検索出会い)とは、
とりあえずもう一度お会いすることにして、日程もほぼ決まりました。
正直、私はあまり乗り気になれませんが…

一方、お気に入りのFさん(30代前半、”会社”ネット検索出会い)ですが、
次に会う約束ができないまま、だんだん連絡の頻度が低くなっています。
完全消滅する前に、思い切ってこちらから具体的に誘ってみようかなあ…

NEW!Gさん(30代後半、”会社”ネット検索出会い)
イケメンというか…、とてもスタイルのいい方でした。
生まれ育った場所がわりと近くで、
(それとは別に)同じようなコンプレックスを抱えた方。
この方と一緒にいるとして…、いいほうに転べばいいけど、
悪いほうに転んだら、2人でドツボにハマりそうなそんな方でした。
でも、できたらまた会ってみたいなって思っています。
結局、ルックス重視なのでしょうか、私は…

NEW!Hさん(30代後半、”会社”パーティ出会い)
Eさんよりも色々と趣味が合う方でした。
でも特に魅力を感じず…、可もなく不可もなくという感じです。
先方から連絡が来たら、また会ってみるかもしれません。


なんだかパッとしない展開ですよね。
色々な方にお会いしているわりには…
[PR]

by satanicmoon | 2009-05-16 22:31 | 2009年婚活日記

婚活セミナーその2

懸賞 2009年 05月 12日 懸賞

また、婚活関係のセミナーに行ってきました。
今回、私が学んだことは…

1.結婚を「夢」ではなく「予定」にする。
2.人は、自分と同じレベルの人間を引き寄せるもの。
※おまけ 自分と似た悩みを抱えている女性は多い。

1.結婚を「夢」ではなく「予定」にする。
というわけで、私の「結婚予定」を立ててみました。
2010年12月までに出産したい。
→2010年2月までに結婚することが必要(結婚してすぐ妊娠できるとして)。
→2009年8月までに結婚を前提に交際することが必要(半年で結婚できるとして)。

…はい、時間的余裕が全然ありません。
あと3ヶ月強で「交際」していなければなりません。


「交際するか、もっといい人に出会えるのを待つか」の見極めが難しい、
という参加者に対して…、先生は恋愛偏差値を上げるために、とりあえず交際してみて、
ダメなら2ヶ月ぐらいで別れ、その経験を次に生かすという方法をおススメされていました。
私もこのくらいの勢いで活動してみようかと思っています。


2.人は、自分と同じレベルの人間を引き寄せるもの。
好きな人には好かれない、という私と全く同じ悩みを抱えた参加者からの質問に対して、
先生の答えは、「自分と同じレベルの人が引き寄せられるものです」とのことでした。
そのときは正直、「えー!私がその程度のレベルってこと…?」と不満に思ったものですが、
今、Fさんに出会って、それを痛いほど実感しています。
でも、そんなふうに「人間のレベルが違う」と思える相手に出会えたことに感謝しています。
お断りされたとしても、「あのレベル」を目指して自分を磨くことができそうな気がするのです。


※おまけ 自分と似た悩みを抱えている女性は多い。
セミナーの女性参加者は、みんな魅力的に見えるのに、
自分と同じような悩みを抱えているのには驚きました。
でも、この女性同士でつるんだら、楽しくて、ますます縁遠くなりそうだとも…
ただ、みんな頑張っているんだから、自分も頑張ろうとは思えました!
[PR]

by satanicmoon | 2009-05-12 21:15 | 2009年婚活日記